原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

夜の神様と昼の神様

人類史上初めて神様に会い神様の結婚式に同参することが許された480人と内外情勢 

完成したアダムとエバは神様の体でありながら、神様の息子であると同時に、完成したエバは神様の娘でありながら、神様の夫人にもなるので、完成したアダムとエバは、神様と永生できるのです。 したがってアダムとエバの結婚は神様の結婚となり、アダムとエバ…

縦的真の父母

神様の性別について考えてみましょう。 創造原理には、 一) 神の二性性相 無形にいます神の神性を、我々はいかにして知ることができるだろうか。それは、被造世界を観察することによって、知ることができる。そこで、パウロは、「神の見えない性質、すなわ…

夜の神様で居続けるのがいやで昼の神様になることに希望をいだいた神様

創造以前の夜の神様は、自己完結していて自己充足しているような自己愛的神様だったのではないでしょうか? 自己愛的な神様。自分が好きで満足している神様。 創造以降の神様が動的な神様であるのに対して、創造以前の神様は静的な神様のイメージがします。 …

夜の神様と昼の神様を創造の二段階に分けて理解してみてはいかが?

正分合作用の図がネット上にありました。拝借いたします。 神様の創造の二段階構造を 性相と形状の視点からではなく、 陽性と陰性のニ性性相の視点から見てみましょう 夜の神様とは具体的には次のように説明することができます。 <本体あるいは構想理想の創…

聖霊について

聖霊のお話の前に一言。 「夜の神様と昼の神様」は、相対的な観点から二つの意味で語られてきているようです。 一つは、天と地という関係性を創造主の神と真の父母で表した「夜の神様と昼の神様」 ということです。 見えない神様と見える神様としての真の父…