原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

お母様が確信して次のように言われる理由  「摂理歴史ではアジアの主人は韓王朝、東夷族」

 先日のジャーナリストの記事のあるサイトから、再び引用させて頂くことにする。

火の粉を払え 新しい時代の始まりか、それとも破滅への序曲か-韓講話 - 米本和広ブログ

 

■ここに座っている真の母は、「6千年ぶりに誕生した独り娘です。証拠がちゃんとあります」

 私が生まれた時、サタンが私のことも殺そうとしました。サタンが「お前が生まれたので、私が死にそうだ。だからお前を殺してやる」と言いました。天は韓民族を通して摂理歴史を6千年間導いてこられました。なぜ大韓民国韓国という「韓」が偉大になるのでしょうか。摂理歴史においてアジアの主人は韓王朝です。東夷族です。私たちは韓民族です。聖別して育ててこられたのです。
 この韓族を通して天は、皆さんが知っているように本来、天子(独生子)を送ろうとしたのですが、趙漢俊(チョ・ハンジュン)お祖父さんの銅銭3銭が引っかかって 天子(独生子)ではなく天女(独生女)を送るとおっしゃいました。これは伝説ではなく、事実です。キリスト教的に…韓国にキリスト教が入ってきて定着してからまだ何年も経ってない時です。解放と共に平壌を中心とした神霊運動が展開されていました。 キリスト教では雲に乗って来る再臨主を待っていたのですが、 金聖道(キム・ソンド)、許孝彬(ホ・ホビン)といった人たちは肉身を持って来るメシヤを迎える準備をしました。ここに、李浩彬(イ・ホビン)牧師の主礼で私が誕生した歴史があります。

 

灯台もと暗しであった。

韓国の歴史に疎いので、何故こうもお母様が「韓」を協調されるのか、さっぱり理解できなかった。

だが、同蒙先習にその理解の鍵があったのである。

 

童蒙先習―啓蒙篇・童蒙須知

童蒙先習―啓蒙篇・童蒙須知

 

 

漢字を書く自信がないが、同蒙先習から引用すると

 

 朝鮮には初め君主がいなかった。神人(現人神)が太白山の壇木の下に降りると、人々は彼を王とした。中国の尭王と並ぶ名君で、国名を朝鮮とした。この人が壇君である。

 周の国の武王は箕子(きし)を朝鮮に送って治めさせた。箕子は民衆に礼儀を教えた。八条の法が作られて、賢者が人民を感化して、その行いを改めさせた。

 燕の人、衛満盧綰(ろかん)の乱から逃れて朝鮮にやって来ると、箕準を追放し、王倹城を占拠した。その孫、右渠の時になって、漢の武帝がこれを討って滅ぼし、その領地を分割して、それぞれ楽浪・臨屯・玄菟・真蕃という名前の4郡をつくった。昭帝は平那と玄菟を合わせて平州とし、さらに臨屯と楽浪を合わせて東部の二つの都督府を置いて、この地域を治めた。箕準が衛満から逃れて、海路を南へ下り、金馬郡に居を定めた。これが馬韓である。秦から乱を避けて逃げてきた人々が韓の地に入ってきたため、韓では東境の地を分け与え、そこで暮らすようにした。これが辰韓である。弁韓は、韓の地に国を建てたが、その始祖および年代は判らない。以上が三韓である。

 

この文章に対する著者たちの解説は詳しいが、一部だけ引用する。

 

 神話というものは、どの国のものであれ、政治の初めに必ず出てくるものです。壇君朝鮮約千年間続いて、その後に箕子朝鮮がくる。

 かっての朝鮮史では箕子東来説を認めており、中国から箕子が朝鮮に入ってきて国を建てたことになっていた。箕子についての中国の記録は、『史記』の宋微子世家に「周の国の武王が箕子に朝鮮を与えたが、直接の臣下とはしなかった」(周武王 封箕子於朝鮮不而臣也)とある。さらに「魏書」東夷伝に「昔箕子が朝鮮に行って八条の教えを民にさずけた。このため、夜に戸を閉じなくても民は盗みをはたらかなかった。その後40余代を過ぎて朝鮮侯だった準が一方的に王を名のった」(漢文省略)という文章が見られる。しかし今日では、箕子が中国から朝鮮に来たという説の根拠は曖昧であるとしてすっかり否認されてしまった。いわゆる「箕子朝鮮」の成立は対外関係の結果ではなく、朝鮮社会内部での政治体制の変動と見られているのである。それでは「箕子朝鮮」の正体とは一体何なのか?この謎の政権をめぐっては、学者たちの間で多くの論争が戦わされてきた。その中でも「韓氏朝鮮」説が最有力で、それは次の根拠にもとづいている。「魏書」東夷伝に、「準が衛満の攻撃を受けて、海を渡って韓の地に住み、自らを韓王と称した」との文章があり、さらに魚豢(ぎょけん)の書いた『魏略』に、「その息子と親族として衛満朝鮮に残っている者は、姓を韓氏といった」という記録がある。そして現在の清州韓氏は、系図の上では箕子をその始祖としている。いずれにしろ、箕子朝鮮の正体については確実な判断を下しにくいというのが実情だ。箕子朝鮮は約千年間存続したが、準王の時に衛満に国を奪われた。そして準王は船で南方へ下り、韓王となったのだ。

 

ウィキペディア箕子朝鮮には、以下のような記述もある。

 

作られた王統

 
箕子陵

このような箕子朝鮮の伝説は史実か否かとは別に、儒教が隆盛した高麗以降の貴族や知識人によって熱烈に支持され、箕子は朝鮮族の始祖として顕彰されるとともに、箕子宮・箕子陵・箕子井田などの古跡が盛んに造作された。李氏朝鮮後期に族譜の作成が盛んになると、韓氏によって箕子朝鮮の王統なるものも創作され、その内容は『葉記』(李徳懋)や『清州韓氏族譜』などに見える。ここでは後者を参考に一覧(カッコ内は)を示す。

記録された歴代の王[7]
  1. 文聖王(胥余)
  2. 荘恵王(松)
  3. 敬孝王(
  4. 恭貞王(伯)
  5. 文武王(椿)
  6. 太原王(礼)
  7. 景昌王(荘)
  8. 興平王(捉)
  9. 哲威王(調)
  10. 宣恵王(索)
  11. 誼襄王(師)
  12. 文恵王(炎)
  13. 盛徳王(越)
  14. 悼懐王(職)
  15. 文烈王(優)
  16. 昌国王(睦)
  17. 武成王(平)
  18. 貞敬王(闕)
  19. 楽成王(懐)
  20. 孝宗王(存)
  21. 天老王(孝)
  22. 修道王(立)
  23. 徽襄王(通)
  24. 奉日王(参)
  25. 徳昌王(僅)
  26. 寿聖王(翔)
  27. 英傑王(藜)
  28. 逸民王(岡)
  29. 済世王(混)
  30. 清国王(璧)
  31. 導国王(澄)
  32. 赫聖王(Korean-Jun-KijaJoseonKing.png
  33. 和羅王(謂)
  34. 説文王(賀)
  35. 慶順王(華)
  36. 嘉徳王(
  37. 三老王(煜)
  38. 顕文王(釈)
  39. 章平王(潤)
  40. 宗統王(丕)
  41. 哀 王(準)

Korean-Jun-KijaJoseonKing.pngは[階-皆+雋]。『葉記』は「隲」に作る。

 

別名

李丙燾は「箕準が馬韓にやってきて姓を箕氏から韓氏にかえた」という『魏略』の記事を独自に解釈して、箕氏ではなく最初からもともと韓氏だったとして韓氏朝鮮と名付けた。[11]また『桓檀古記』と並ぶ近代の偽書檀奇古史』も、箕子朝鮮は存在せず、かわりに中国人である箕子とは関係のない奇市朝鮮という国があったとしている。

 

 説明を加える必要はないと思われるが、

お母様が

「天は韓民族を通して摂理歴史を6千年間導いてこられました。なぜ大韓民国韓国という「韓」が偉大になるのでしょうか。摂理歴史においてアジアの主人は韓王朝です。東夷族です。私たちは韓民族です。聖別して育ててこられたのです。」

とおっしゃられる背景には、上記のようなことがあるからであろう。

アジアの主人韓王朝、東夷族という本流の中で、蘇生長成完成の三代の教団信仰を経て、三代の神を妻の如く侍る女性の 信仰をお母様までで全うし、主を迎えることとなった。

 

お母様がある確信にたるのには、何も背景がないわけではない。

このような選民意識をもっておられる方だからこそ

真の母の道が開かれたことであろう。

大変貴く素晴らしいことである。

 

だが、霊的な女性のキリスト教集団が

蘇生 聖主教 → 長成 腹中教 

となった後には、神の祝福を受けて

完成 統一教 では 

女性教でも母父教でもない、父母教に統一して進まざるを得ないのである。

それまでは、男女分かれて女性が主人として歩んだ摂理があったとしても

主客正しく収まる、真の父母教として出発するよう神によって予定されていたのである。

正分合作用のように、真のお父様と真のお母様のお二人が、それぞれ男性的信仰と女性的信仰を別々に歩まれ強化して、結ばれる日を神は待ったのである。

 

悪辣な者共が、お母様の純粋な思いを逆手にとって、自分の権勢や地位や蓄財のため、真の母の永遠の命を売りとばすかの如き、不信仰と不忠の数々が宮中に蔓延してきた。

 

多くの責任者は知っていたのだ。

だが、見過ごし続けていた。

目前のお母様を見殺しにしてきた。

見過ごすことは大罪である。

そこで、見過ごしてはならないと警鐘を鳴らし、

見過ごしてきた者たちを処分解雇通告せざるを得なかった亨進様であった。

このままでは食口も真の母も滅んでしまう。

逆賊と呼ばれ背信者の汚名を受けるも救い出さなければならない!

亨進様は先頭に立たれたのである。

どうして主に従わないことがあろうか?

 

 亨進様の真意はご本人の前で世界宣教本部長のティム・エルダーが証した。

三大王権・真の御父様に帰ろう!참아버님 문형진님 문신준님 !: 2015年8月26日  「実際の天一国建設」【韓国語説教日本語訳】

 

そして太田氏が発言したのですが、『亨進様はお母様と3年間は沈黙する、黙っていると約束したのにもかかわらず、2015年1月18日、その約束を破ってYoutubeに映像をアップした』と。 私が礼拝の少し前に亨進様に伺ってみました。「そのような約束をされたのですか?」と。約束されなかったそうです。 そして1月18日 Youtubeにアップしたものは、お父様が霊的に現れ「もうこれ以上、黙っているな」と話されるのでその時からお話されるようになったのです。これはシックたちに事実を知らせなければいけないじゃないですか?事実はこうだ!と。そのような内容だったのです。

 

宋総会長や徳野会長は難しいとしても、

太田朝久氏には期待したい。

韓国などから来る情報が事実だと誠実に取り扱ったものが、

堕落天使なる側近の思惑によって捏造されている可能性が出てきたのである。

信徒を守ろうと一生懸命真実を伝えようとしている彼と彼を支えるメンバーは

肩すかしを食った状態であろう。

 

聖和されたお父様が日本の男性食口の中で

今最も注目しているのが、太田朝久氏の信仰である

 

彼が信仰を立てれば・・・、

異端・分派の誤りを正してきた

いわば統一教会の顔である。

彼が、亨進様を聖和されたお父様が立てて役事されていると

悔い改め、信仰告白すれば

一気に日本統一教会は聖別されていくことだろう。

 

現時点では彼が日本の救済摂理の中心である。

全霊界の注目を受けている。

世界宣教本部長ティム・エルダーの否定的言葉を

コペルニクス的信仰転換によって

ブラックジャックのように

ゼロではなくプラスにしてしまうのである。

そうすれば、復帰摂理歴史的快挙を遂げることになろう。

既にお父様の聖霊が降り注いでいることだろう。

目を覚まされんことを!

是非、男性日本食口の心意気を現し

歴史的勝利者になってくだされ!

亨進様が嘘を言うお方だと思いますか?

私が罪人だと懺悔されて出発された方を。

誰を信じるべきであろうか?

太田氏の今までの動画を拝見して、お父様やお母様や子女様を愛する心情を見せて頂いた。

新ためてここで、心から感謝したい。

 

 

聖和された真のお父様が直接現れて亨進様に命じているのである

亨進様は天下の大嘘つきか?、聖子か?

しっかり見極めなければ大変なことになるのである。

 

山羊と羊に分けるのは自分である

自己の責任である

 

誰が天宙的なアベルカインを勝利されたと

聖和されたお父様は認定したのであったか?

その方々に繋がらずしてどうして永遠の命が得られようか!