読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

スキャンダルにまみれた文在寅を大統領にしたいという韓国 その行末は軍事クーデターか?

最有力候補・文在寅に相次ぐスキャンダル発覚で混迷する韓国大統領選(崔 碩栄) | 現代ビジネス | 講談社(1/4) より引用

 

===

鍵を握る「保守」

韓国大統領選挙まで残すところ2週間余り、主要政党の候補者が出揃った。

最大議席を誇る野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)、第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)、与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)、唯一の女性候補で進歩性向の「正義党」から出馬した沈相奵(シム・サンジョン)、与党から離脱し結成された保守性向の野党「正しい政党」の劉承旼(ユ・スンミン)である。

最新の世論調査(4月3週目ギャラップ調査)によるとそれぞれの支持率は文候補(41%)、安候補(30%)、洪候補(9%)、沈相奵(4%)、劉候補(3%)であった。注目すべきは、2位の安候補の支持率だ。今週に入って少し数字を落としているが、わずか3週間前の調査から10%以上も上昇している。

それどころか、文候補と安候補の一騎打ちとなった場合どちらを支持するかという調査(4月5日YTN世論調査)では、文候補と回答した人が41%に留まったのに対し、安候補と回答した人は47%に達し、文候補を逆転する結果が示されたのだ。

「政治は進歩、安保は保守」を訴える安哲秀

昨年の中盤以降、大統領選の支持率に於いて、常に1位を走り続け、自ら「準備のできた大統領」と称してきた文在寅がここにきて安候補の猛追を受けている。

最も大きな理由は反文勢力が安哲秀支持に回っていることだ。保守勢力は文候補の当選を強く懸念している。保守層の立場から見れば、北朝鮮にある開城工団の操業再開および規模拡大、金鋼山観光の再開等、北朝鮮に対する支援や経済協力を強調する文候補は警戒せざるを得ない対象だ。

4月19日に行われたテレビ討論(KBS)で、他の候補者から「北朝鮮は我が国の主敵か?」という質問を受けた文在寅が「大統領が語る内容ではない」と明言を避けたことが注目されている。

「政府公式文書に北朝鮮軍は主敵だと記されているのに、軍統帥権者である大統領(候補)が北朝鮮軍を主敵だと言えないなんて通用すると思いますか」北朝鮮に対する立場表明を求められたが、はっきり答えられず逃げ回る姿には「安保」に対して敏感な保守層のみならず中道層からも冷たい視線が集まっているのだ。

このような文候補の当選だけは阻止したい保守層であるが、保守勢力の候補である洪候補と劉候補を1本化したとしても現在2位の安候補の支持率にも及ばない。

そこで、保守候補に投票したいが当選の可能性が低い保守候補に投票し1票を無駄にするよりは、文候補ほど左に偏ってなく当選可能性のある安候補を選ぶことで文候補の当選を阻止しようと雰囲気が強まっているのだ。

つまり「どうせ保守が政権取れないなら、左翼よりは中道派がマシ」という気持ち、いわゆる「最悪(文在寅)」よりは「次悪(安哲秀)」を選ぼうという心理だ。

そこに最近になって安候補がTHAADミサイル配備反対だった当初の主張を修正し、「受容する」としたことも保守層の票を吸収するための動機づけとなっている。政治と経済については「進歩」、安保については「保守」のハイブリッド政策を打ち出したことが支持階層の幅を中道から保守層まで広げ、支持率の上昇へとつながった。

相次ぐ不祥事と疑惑

文候補の支持率は依然としてトップを走っているものの最近の彼からは焦りの色がにじみ出ている。それは相次いで不祥事が明るみに出ているからである。彼の支持率に陰りが見え始めるきっかけとなったのは息子の不正採用疑惑だ。

文候補の息子は2006年に準政府機関である韓国雇用情報院に採用され就職したのだが、この採用に不正があったのではないかという疑惑である。2006年といえば文候補が盧武鉉ノ・ムヒョン)政府の青瓦台民政主席秘書官という国家権力の中枢にいた時期である。

今、疑惑として取り沙汰されている内容を見ていくと、確かに怪しいと思わせる素材が揃っている。

募集をする時点で、一般的に準政府機関の募集規則として規定されている期間より短く、また公示するサイトも通常使われているサイトとは異なるサイトでの募集であった。

そして、文候補の息子の提出した応募書類を見ても、発行日付が書類提出の締切後になっている卒業証明書、締切日の2週後に発表された大会の受賞歴が履歴書が記されている履歴書など、通常の就職活動における常識からは逸脱した内容のオンパレードである。

さらに、雇用情報院院長が過去、民政首席室で文氏の部下として勤務していた人物であるということも国民が疑念を抱く理由の一つだ。

文候補の陣営では、これらの疑惑は全て嘘っぱちだと全面否認しているが、国民からの視線は冷たい。韓国には公務員としての、あるいは公企業への就職を希望して何年も就職浪人生活を送っている青年が何十万といる。彼らの目に、これまで特権階級を批判し、弱者の味方であると主張し続けていた候補の息子が手にした「幸運」がどう映っているのか。

文在寅文在寅 photo by gettyimages

また、彼自身に直接関わる疑惑として、2007年11月の国連北朝鮮人権決議案に対する韓国の意志を決定する際に、当時大統領秘書室長だった文氏が『ひとまず北に確認してみよう』と北の意見を確認し、その結果「棄権」という結論を出したという話が暴露され、大きな打撃となっている。

これは元外務長官による証言で、文候補側はそれを否定し彼を訴えたが、元外務長官が北の「圧力」について明記されている当時の青瓦台内部文書まで公開したことで、文候補に対する疑惑の声はされに広がってしまった。

他にも文候補を支持する大学教授が研究費を流用し選挙戦に大学生たちを不法動員したことが明らかになり選挙管理委員会から告発されたり、文候補の広報車両が死亡事故を起こした際に相手側の運転手が倒れている状況で何の処置もしなかったと報道されるなど文候補の支持率と無関係ではいられないようなニュースが相次いでいる。

その焦りからか最近文候補側が攻撃目標を安哲秀に定め、ネガティブキャンペーンを展開していたことが明らかになった。

韓国の選挙戦に欠かせないものが、インターネット、SNSを通じた世論の醸成だ。例えば、インターネット掲示板ポータルサイトのニュースのコメント欄に、数十、数百人が特定候補に有利なコメントを残し、これに対し、「推薦(いいね!)」を集中させる。そうすることで、コメントが上位に表示されるようにして、自分たちが世間に示したいコメントがあたかも最も支持を集めた世論であるかのようにみせるのだ。この方法は対立候補へのネガティブキャンペーンにも応用される。

それを利用したのが文候補の選挙本部戦略企画チームだ。そのチームから流出した内部文書がマスコミに公開されたのだが、その文書には安候補に対する批判的な世論を作る方法、そして攻撃に利用する具体的「キーワード」までも記載されていた。

これまで事ある毎に対立候補たちがネガティブキャンペーンを行うことを批判してきた文候補。選挙チームの不祥事とはいえ文候補側がどれだけ安候補を意識しているのか見て取れるだろう。

文在寅と安哲秀文在寅(左)と安哲秀(右) photo by gettyimages

次悪か、隠れ保守に賭けるか

文在寅候補は2012年の大統領選挙において48%の票を得たが、51%の票を得た朴槿恵に惜敗している。今でも確固とした支持層、そして人気は健在であるが、現状を見る限り2012年の選挙の時ほどの支持率を回復することは難しいとみられる。

とはいえ、保守政党の候補である洪候補と劉候補が、安候補との1本化の道を選択せず、最後まで選挙で戦うとしたら、保守の票は割れ、文候補に有利だ。安候補の勝利のためには、やはり、保守政党候補たちとの1本化が必要条件に近い。

だが、現在支持率3位にいる洪準杓が辞退する可能性は非常に低い。彼は元々所信を守る原則主義者であり、安哲秀とは政治的方向も異なり、連合することはできないと既に明言している。

そして、選挙日程が近づき、韓国では頻繁に大統領候補者TV討論会が行われているのだが、討論会が開かれるたびに、じわじわと洪候補の人気が上昇している。これも、1本化の可能性を低くしている原因の一つだ。生放送という場で、臨機応変な対応が苦手な安候補に国民たちが失望する一方で、討論では定評のある洪候補への期待が再燃している。

また、洪候補はアメリカ大統領選挙で「隠れ保守」が異変を引き起こしたように、世論調査には現れない「隠れ保守」が韓国にもいると確信している。アメリカの大統領選挙でヒラリー贔屓のマスコミによる世論調査と、実際の投票結果に大きな差異が見られたように、最有力候補である文在寅に対し忖度しているマスコミの世論調査は信用出来ないと公言しているのだ。

2強1中2弱

実際、今年4月12日に行われた再・補欠選挙の結果を見ると、洪候補の所属する自由韓国党への支持率は現在1桁(8%)に過ぎないにも関わらず、支持率2桁の共に民主党(40%)、国民の党(22%)を抑え、最多議席を確保した(本選挙における当選者の内訳は、自由韓国党12名、共に民主党7名、国民の党4名、その他7名)。

これは少なくとも一定の「隠れ保守」が実在するということを示している。ただし、それが米国のような大きな変数として影響力を持つかは未知数である。

現在は2強(文、安)、1中(洪)、2弱(劉、沈)の構図だが、2弱の2人の候補の動きにも注目が必要だ。実は5候補の中で洞察力、弁論能力において誰よりも高い評価を受けているのがこの2人だからだ。TV討論でも鋭い質問や解説で2強、1中に何度も冷や汗をかかせているのがこの2人だ。

もっとも、大統領選挙は個人の実力のみではどうにもならない。知名度や、政党の力といった面で他の3人に比べ圧倒的に弱いのだ。彼ら自身とすれば今回の選挙は、知名度を上げるための踏み台程度に考えているのかもしれない。

しかし、彼らが選挙戦終盤になって、特定候補を支援して辞退するとすれば、彼らのもつ票が接戦の大統領選挙に与える影響は大きいだろう。

文在寅、安哲秀、洪準杓、沈相奵、劉承旼テレビ討論会の様子 photo by gettyimages

支持率40%前後で伸び悩んでいる文在寅、猛追撃中だが文在寅まではもう一歩届かない安哲秀、最近10.2%(4月21日 東亜日報発表)まで支持率を伸ばし隠れ保守の反撃を期待する洪準杓。

彼らのうちの誰が大統領の椅子に座るのか。文候補の勝利を阻止するために安候補支持に回るか、妥協せずに低支持率の保守候補を押し続ける「賭け」に出るか、「保守層の選択」に注目したい。

 ===

 

文在寅氏が韓国大統領に就任すれば軍事クーデターの懸念も│NEWSポストセブン

より引用

 

===

 友人による国政介入疑惑に塗れた朴槿恵氏は、「韓国史上初の罷免された大統領」という汚名とともに、青瓦台を去ったのち、3月31日未明に逮捕され、拘置所に収容された。そして、5月9日までに大統領選が行なわれ、新大統領が決定する。

 韓国にとっては、健全な民主政治を取り戻すための第一歩となるはずだが、どうも不穏な空気が消えない。朴氏の罷免は、韓国社会と朝鮮半島情勢がさらなる混乱へ突き進む序章に過ぎなかったのかもしれない。

 来る大統領選に向け、最大野党「共に民主党」は3月27日、党候補を選ぶ初の予備選を光州で行ない、本命とみられた文在寅氏が60%を超える票を獲得し、圧勝した。次期大統領選に関する最新の世論調査では、2位以下を倍近く引き離してトップを独走しており、5月に新大統領の地位に就く可能性が高まっている。

 一連の朴槿恵スキャンダル追及で国民の人気を博した文氏だが、支持率が高いもう一つの理由は、慰安婦問題について日韓合意の見直しを求めるなど、反日路線を強調しているからだ。対照的なのが対北朝鮮外交で、「金正恩北朝鮮の指導者であり、対話の相手として認めなければならない」「当選したらまず平壌に行く」など、融和的な発言が目立つ。

 このままでは「反日親北」という日本にとっては非常に厄介な政権が誕生することになる。実は文氏を問題視しているのは日本だけではないと、防衛シンクタンク関係者が明かす。

「文在寅氏が大統領に就任した場合、文政権に反発した軍部が軍事クーデターを起こす可能性について、韓国の国防関係者の間でまことしやかに囁かれています。韓国軍にとっては今でも北朝鮮こそが最大の敵であり、手を結ぼうとする文氏の姿勢は許しがたいということです」

 

 そこに一定の説得力があるのは、「戦時作戦統制権」の問題があるからだ。韓国は朝鮮半島有事が起きた際、作戦を指揮する権限を米軍に委ねることになっているこの戦時作戦統制権を韓国に取り戻そうとしたのが反米で鳴らした盧武鉉大統領(当時)で、2007年に「5年後に委譲」を決定した。ところが、その後の李明博朴槿恵の両大統領は、米国との関係性や安全保障上の観点から委譲を見直し、現在は事実上の無期限延期となっている。

 文氏はこの措置に関し、国会で「軍事主権を放棄したもの」「恥ずかしくないのか」と政府を追及してきた。というのも文氏は、統制権の委譲を決めた盧武鉉政権の大統領民政主席秘書官だったのだ。

 2人はもともと人権派弁護士の同志として「盧武鉉・文在寅合同法律事務所」を開設していた。盧武鉉氏が政界に進出してからは最側近として活躍し、盧武鉉氏が大統領辞任後に政治資金不正で自殺した際は葬儀委員も務めた。盟友・盧武鉉氏の功績である統制権の委譲は、文氏にとって絶対に譲れない“公約”なのだ。

 だが、そこに踏み込むのは、クーデターへの導火線に自ら火をつけることに等しい。

「韓国軍にとって、戦時作戦統制権は米軍という大きな後ろ盾を得るための生命線とも言える存在で、だからこそ盧武鉉氏の退陣以降は議論が封印されてきた。軍部が文氏を親北として毛嫌いしているなかで、いきなり統制権委譲を打ち出せば軍部の反発は必至です」(前出・防衛シンクタンク関係者)

週刊ポスト2017年4月14日号

 

===

 

 

文在寅は反米・反日親北の思想である。

韓半島の平和は親米・親日・反北によって維持されてきた。

韓国を守ることができる米軍の主力は日本にある。

日本の合意があって初めて観半島有事の際には米軍が行動することができる。

三カ国の一体化無くして韓国の平和と安全はない。

それが嫌なら、自国で守らなければならない。

米軍や自衛隊の能力と比べることができないお粗末な状態でどうやって

共産主義の軍隊と戦うというのだろうか?

身の程知らずにも程がある。

今や、本物の朝鮮人韓半島にはいない。

日本の在日韓国人の中にいる。

民団は慰安婦像の設置に反対である。

国際的な合意を簡単に翻せば蛮族として世界は韓国人を見るだろう。

それ故、勇気ある本物の朝鮮文化の精神を継承した在日韓国人が立ち上がったのだ。

彼等こそ、本物の祖国を愛する韓国人である。

 

恩讐のロシアとイラン。

恩讐のロシアとトルコ。

彼等が過去の恨みつらみを顧みず、現在と将来の国益のために

戦略的見地から手を取って居る。

韓国人は感情に流されて大局観に立つことができずに居る。

 

世界中から嫌われ始めている。

本来の天分を活かすことができず不平不満、恨みに化物のような姿になってきている。

百衣民族、弘益人間の意地はどこにあるのか?

孤高かつ高邁な民族の精神を何故世界に示さず、蒙昧な姿を晒し続けるのか?

他民族の身でありながらも、草葉の陰で泣いている祖国の国士の嘆きを

我が身が替わって伝えざるをえない。

 

どれほど素晴らしい彼の国の精神文化を学びたいと思ったことか!

我が国であれば、数え切れないほど昔の偉人たちの研究が明らかにされ

多くの国民がその成果に簡単に浴することができる。

本当に数え切れないほど優れた人物を挙げることができる。

だが、彼の国では祖国を心から愛した英雄を広く国民に知らせる研究と努力が

まだまだとてつもなく足りない。

我が国は世界中のどのような国であれ、その国に素晴らしいものがあると聞けば、

その地に行って直に学び、これを祖国の役に立てようと書物や公演などの活動を行うことは常である。

韓国に素晴らしいものがあれば、どんどん取り入れるのが日本である。

だが、ほとんど韓国精神を伝えるものはない。

 

韓国人は祖国の偉大な精神を真剣に尋ね求め、今日の民族の糧としなければならない。

それができないのなら、偉大な祖先たちはその国を離れ、その精神に相対し得る民の住む国に降臨するだろう。

彼らが求めた壮大な夢をその国に実現するために。

 

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。