読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

天国の「活性化サイクル」で、神とともに愛と尊敬の永久運動をする夫婦へ

www.youtube.com

 

今朝ある人のことをほめたんです。

わたしは人をほめるのが大好きなんです。

何故って、とても幸せな気持ちにさせてくれるからです。

損得で言うのも変ですが、ほめた方の自分のほうが得していると思います。

幸せな気持ちになって、ああ自分もそうしたいなあとか、そうありありたいなあとか、

それだけで心安らかになります。

ありがたいことです。

 

原理講論には愛と美についての記述があります。

 

神と人間について例をとれば、神は愛の主体であり、人間は美の対象である。男女については、男子は愛の主体であり、女子は美の対象である。被造世界においては、人間は愛の主体となり、万物世界は美の対象となるのである。しかし、主体と対象とが合性一体化すれば、美にも愛が、愛にも美が内包されるようになる。なぜかといえば、主体と対象とが互いに回転して一体となれば、主体も対象の立場に、対象も主体の立場に立つことができるからである。対人関係において、目上の人の愛に対して目下の人がささげる美を忠といい、父母の愛に対して子女がささげる美を孝といい、また夫の愛に対して妻がささげる美を烈という愛と美の目的は、神から実体として分立された両性が、愛と美を授受することによって合性一体化して、神の第三対象となることによって、四位基台を造成して創造目的を達成するところにある。

ここの、夫の愛に対して妻がささげる美を烈という」 という部分を

亨進様は以下のサイクル図で表されました。

 

天国の「活性化サイクル」

EnergizingCycle

こちらが天国の「活性化サイクル」です。妻が愛を感じれば、夫の愛で妻が尊敬する気になります。妻の尊敬で、夫は愛する気になります。夫の愛で妻が尊敬する気になり、妻の尊敬で夫は愛する気になります。これが「活性化サイクル」であり、天国サイクルです。これが、私たちが毎日の生活で続けたいサイクルです。覚えておかなければならないのは、愛と尊敬だけです。悪魔を倒すための5段階や5つの方法はありません。あなたには神様のみ言があります。(夫は)妻を愛しなさい、妻は夫を尊敬しなさい。それは文字通りまったく単純です。夫は無条件に妻を愛してください。妻は無条件に夫を尊敬してください。夫は妻が愛せなくても、愛してください。そうすれば妻を変えることができます。

活性化サイクル
活性化サイクル

 

亨進様は原理講論の愛と美を愛と尊敬とされ、とても我々がわかりやすいように話して下さいました。またここにモチベーションを加えて説明され、生活に落としこむ事ができる形を提示してくださいました。

 

大切なことは愛することによって対象が変化し、

その変化によって今度は主体が変化するということです。

この変化が次のモチベーションになります。

それがフリーエネルギーのように永久運動を引き起こします。

 

ただし、もしもこのようなサイクルが回転運動をしていないなら、

どちらから始めなければならないことでしょう。

基本的には主体者がわからが望まれるところですが、対象から始めて悪いことはひとつもありません。

列車が走り出す時のように、はじめに大変エネルギーが必要になるでしょう。

この最初の困難を克服しなければ、全ては始まりません。

 

また、このような善循環のサイクルは、家庭を持ったばかりの男女と、数十年連れ添った男女では中身が当然違ってくるでしょう。

それはこの世の仲の良い夫婦とも違ってくるでしょう。

我々は信仰を生活化するものです。

そこには常に神様がおられます。

神との生活の内容が変わっていかなければならないことでしょう。

 

 愛と美の目的は、神から実体として分立された両性が、愛と美を授受することによって合性一体化して、神の第三対象となることによって、四位基台を造成して創造目的を達成するところにある。

 

私達が行くのは聖霊体験の生活化・日常化」でしょう。

あるとき聖霊体験をしましたとクリスチャンは証しします。

でも、どうしてあるときなのでしょう?

父と子が共に生活しているのに、何故あるときなのでしょうか?

これが問題でした。

 

天の父はエデンを追い出され喜びを失われました。

神と夫と妻が3人一つで愛することができませんでした。

悲しくて仕方がありません。

愛の王の王が愛の喜びを知らずに生きてこられました。

すべてを投入された神はあたかも負け犬のようであり、人生の絶望者のようでした。

 

あなたが、天国の「活性化サイクル」にあるときに

あなたが夫として妻を愛するその愛の中に、

確かに御父の愛の鼓動を感じ、

妻の喜びの中に、なおいっそう神の喜びに出会いますか?

あなたが妻として夫を尊敬する中に、

確かに御父の誇りを感じ、

夫の喜びの中に、なおいっそうの神の喜びを見出しますか?

 

主体である音叉を打てば、対象である音叉もこれに応じて反応するように

響きあう音がどちらのものかわからなくなるように

神の音叉が音を奏でたその響きが

神のものとも夫のものとも妻のものとも判別できない

三位一体の喜びの園エデンに

わたしたちは生きていくことでしょう。

 

 感謝

 

 
 
 
 
魔法をかけられた栄光のお母様を救う為の教科書 PDF版は以下からダウンロードできます。
 
魔法をかけれれた栄光のお母様を救う為の教科書 ⅠーⅤ、及び総合版
三部構成
 
一部 
Ⅰ は概要
ⅡはⅠの概要+主体対象の正統な理解について
ⅢはⅠ+Ⅱ+主体対象の一体化の摂理的意義について
 
二部 Ⅳ
三代王権について
1、亨進様の正統性
2,ヨナ様の正統性
3 ,信俊様の正統性
4,江利川会長の正統性
 
三部 Ⅴ
6マリアの理解の基礎
 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

 

 

 サンクチュアリ JPN 合同ニュースブログ

https://nqj17437.wordpress.com/

 

 

 

●クアトロ・ラガッツィ教会(長崎)

天正遣欧少年使節の「4人の少年」にちなんで) 

奉仕長:玉木 円四郎

執事:高橋 真知子

連絡先:080-5243-9134

E-メール:quattroragazzichurch-sanctuary.yahoo.co.jp

 

<Cyberサンクチュアリ人協会>

 E-メール: support@sanctuarian.net

 問い合わせフォーム

 http://sanctuarian.net/contact/

 

● 埼玉教会 教会長

  小林直太(6500家庭)


  電話:050-3552-6681 
  (留守電の場合はメッセージ入れて下さい。折り返しさせていただきます)
  E-メール: godblessyou6500@gmail.com

  ホームページ:https://godblessyou6500.wordpress.com/



● 滋賀教会 

  森 一郎 教会長
  電話:0748-52-1557

  携帯:090ー5160ー3971
  E-メール:micavi21@yahoo.co.jp

  ホームページ:http://ameblo.jp/makotonomorison30000/

 ○徳島支部     TAKEDA
  電話:090ー9777ー2903
  E-メール:m76ff44e726z79@softbank.ne.jp
  ホームページ:
● 東大阪教会

  〒 547-0041  大阪市平野区平野北1-10-33-2階 

       たけうち整体院 内

  電話:070-5436-3138 
  E-メール:higashiosakakyoukai@gmail.com
  ホームページ:https://higashiosakakyoukai.wordpress.com/

 

● 福岡筑紫教会
  santen00000@yahoo.co.jp
  (@を半角にして送信してください。調整中のため、期間限定アドレスです)

  ホームページ:http://ameblo.jp/santen1/