原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

中国とロシアが狙う北朝鮮の鉱物資源

中国が北朝鮮を飲み込む趨勢にあることはそうなのだろうが、ロシアが黙ってみているとは思えない。

ご存知のように核開発についてはロシアやウクライナなどが関係してきたし、不凍港の確保ということもロシアの悲願でもある。

 

「ロシアは旧ソ連時代から北朝鮮原子力開発を指導しており、現在の核兵器とミサイルの技術はソ連を源流とすると捉えるべきです。北朝鮮金日成総合大と金策工業大に原子力工学科を設置しており、多くの留学生をソ連に派遣して、核科学者を育成しました。1982年の時点で数百人が、ウクライナのドゥブナにある核融合研究所で研修を受けていたという、教官科学者の確かなコメントも残っています。現在、北朝鮮の核開発を指揮している面々も、ドゥブナ核融合研究所で学んでいます」(国際ジャーナリスト)

北朝鮮北東部の羅先特別市にある羅津港の3つの埠頭のうち、ひとつはロシアが、もうひとつは中国が租借している。北朝鮮を経由して韓国に石炭を輸出するためだ。ロシアにとっては貴重な不凍港であるため、租借ではなく、支配下に収めたいのが本音だろう。

https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Myjitsu_020443/

 

一体どれくらい北朝鮮では希少な鉱物資源が眠っているかということを伝えているのがこの記事である。

かっては北朝鮮には価値あるものなど何もないと思われてきたのだが、これが一変してきている。

 

https://matome.naver.jp/odai/2136644716651667901 より引用 2017年04月13日

===

実は資源大国です

韓国統計庁が発表した「北朝鮮の主要統計指標」によると、2008年時点で北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドル。内訳は黄金2000トン、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トン

資源大国なのに、貧困なのか?いいえ、違います。日本、アメリカなど数カ国を除いて、世界中の国が北朝鮮と国交があり、盛んにビジネスが行われています。貧困だと言っているのは誰でしょうか?

 

 

緑色が、北朝鮮と国交のある国、赤が国交を停止している国である。国交が無いのは、日本、韓国、イスラエル、アメリカ、フランス、サウジアラビアボリビアなどだけである。

実際には、親米のいくつかの国が政策的に国交を絶っているだけだ。だが、北朝鮮が世界中から孤立していると錯覚させられている日本人は多い。

 

北朝鮮の鉱物資源総額は約240兆円!
金だけでも2000トンほどあると推定されている。

日本の備蓄量の2.5倍に相当する金がある。

一方、日本の所有する金というのは、どこにあるのか?と言えば、実は日本国内にはほとんど存在ない。どこにあるのか?米国の金庫の中にあるのです。これについては下記まとめを参照

 

 

 

どんどんでてくるレアメタル

北朝鮮が運営するウェブサイト「ネナラ」によれば、採取工業省の金グァングク次官はこの雑誌と会見を通じて「わが国の科学者、技術者は近年、資源探査事業を力強く展開し、埋蔵量が豊富な希有金属を探し出すのに成功した」と述べ「その中にはモリブデン、ニオブ、ジルコニウムストロンチウム等がある」と明らかにした。
 ニオブ(Nb)は高熱に耐性があり、高圧釜やロケットエンジンの製作などに使われ、ジルコニウム(Zr)は熱中性子に対する吸収断面積が金属材料中で最小で、耐蝕性が非常に良いため原子炉の材料としての需要が多い。
 特にニオブの場合、世界的な資源量は460万トン程度しかない。

「いま開発中にあるモリブデンも、やはり世界的に固体潤滑剤として最高であると認定されて、需要は非常に高い」と述べ「ストロンチウムとチタンの埋蔵量もわが国に豊富だということが科学的に証明された」と主張した。
 金副首相は「資源の埋蔵量が科学的に証明されたという前提で、これに対する開発事業が本格的に進められている」と述べ「もちろんここには少なからぬ隘路と難関がある」と明らかにし、開発および採取と関連した技術的困難があることを示唆した。

資源の埋蔵量が科学的に証明されたという前提で、これに対する開発事業が本格的に進められている。もちろんここには少なからぬ隘路と難関がある

出典雑誌「錦繍江山」 2006年10月号

 

レアメタルであるタングステンも、世界の3%が北朝鮮産であり、埋蔵量ベースでのシェアは不明だ。
電球のフィラメントはもちろん、超硬工具や戦車等の装甲、X線遮蔽用などに用いられる。

現在、タングステンの産出量は、中華人民共和国が52,000トンで、世界の産出量の83.7 %を占めている。中国以外の主な生産国は、ロシア(4.9%)、カナダ(2.9%)、オーストリア(1.5%)、ポルトガル(0.9%)となっており、北朝鮮の存在感や資源戦略的な意味は大きい。

中国が輸入しているレアメタルでは、ジルコニウム、コバルト、マンガン、チタンなど北朝鮮に豊富な鉱山の存在が確認されている。ジルコニウムは原子炉材に使われることから、今後の需要増は避けられない。

 

レアメタル以外にも重要資源が

世界の統計に表れる確認埋蔵量より、北朝鮮国内にあるとされるマグネサイトの方が多い

マグネサイトとは炭酸マグネシウムの鉱物名である。マグネサイトは耐火煉瓦や建材、医薬品(緩下剤)など多種多様な用途に使われる。

龍陽鉱山には約36億トンのマグネサイトが埋蔵されていると推定されている。

2007年7月に北朝鮮端川市(タンチョンシ)のデフン鉱山を訪れた南北交流協力支援協会の関係者は目の前に広がる光景に驚いた。 「山全体が真っ白なマグネサイトだった。 その後ろにある山も白かった。 北朝鮮がその辺りの山をなぜ‘白金山’と呼んでいるか分かった」(チェ・ギョンス北韓資源研究所長)。坑道を掘り下げていく必要もなく、掘削機で掘れば済むマグネサイト露天鉱を見たのだ。 

韓国鉱物資源公社によると、韓国が全量輸入に依存しているマグネサイトが端川市一帯に36億トン埋まっていると推定される。 昨年の韓国の輸入量は19万8600トン。端川市の鉱山を掘るだけで韓国の1万8000年間の輸入量になる。

出典北朝鮮の鉱物資源、韓国で1万8000年間使用できるマグネサイトも…(1) | Joongang Ilbo | 中央日報

 

北朝鮮・茂山の鉄鉱山

鉄5000億トンというのは、世界の年間需要14億トンの357年分に相当し、これも世界の確認埋蔵量1800億トンを大幅に上回る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス、米国、ロシアなどが注目する原子力燃料資源

1910年(明治43年)の韓国併合にともない「朝鮮総督府」が設置され、この総督府の中に「地質調査所」が殖産局の下に組織された。

地質調査所刊行の「朝鮮鉱床調査要報」によれば、朝鮮半島にはモナザイトが存在する事がわかる。
産地は、(1)忠清南道天安郡笠場面良垈里、(2)平安南道平原郡石岩面西岩厳里、(3)咸鏡北道富寒郡観海面山津洞の3カ所。

かつて、日本の化学会社であるチッソは、北朝鮮のモザナイトを採掘していた。チッソは現在の旭化成積水化学工業積水ハウス信越化学工業、センコーなどの母体会社である。

主要なウラン資源国は、埋蔵量の多い順にオーストラリア、カザフスタン、カナダ、南アフリカアメリカ合衆国などである。なお、採掘可能な埋蔵量が推定400万トンの朝鮮民主主義人民共和国(韓国統一省、日本原子力産業会議)が確認埋蔵量のナンバーワンのオーストラリアを上回る可能性がある。

米国にとって北朝鮮核兵器開発の問題は単なる軍事的な脅威ではない。資源戦略上の脅威こそが問題なのである。もし、北朝鮮産の安価なウランが自由に国際市場に出回れば、米国による核エネルギー主導は根底から覆される可能性さえある。

 

近年、膨大な石油資源まで発見されている

ロシアの資源探査チームの調査で、北朝鮮の西海岸地域に600億バレルもの石油が埋蔵されていることも判明してきた。

北朝鮮の西海岸地域のみで、600億バレルもの石油が埋蔵されていることが判明。世界ランキングでベスト8に入ることはほぼ確実視されている。

合金に使われるアルミニウムやマグネサイト、潤滑油や電子基盤の材料に使われるモリブデンなども、北朝鮮には大量に眠っているようだ。それ以外にも、リチウムイオン充電池の電極材料に用いられるコバルトや、超硬材に用いられるチタニウム、さらには金、銀などの資源も確認されている。

ウラン濃縮はしばしばニュースになるが、ウラン掘削はニュース性がない。北朝鮮ウランが産出されることは国際社会の常識だ

それほど膨大な資源があるのになぜ貧困と言われるのか?

北朝鮮は世界にまれにみるレアメタル、鉱物(主にウラン・金)の資源大国。この利権を巡って、ヨーロッパ、中国、ロシアが、アメリカを差し置いて開発援助や、金融投機交渉に積極的に動いた。

米政府の対北朝鮮テロ支援国家指定解除決定を受けて、英国の ロンドンではウランを含む対北朝鮮の鉱山利権獲得を目指す投資ファンドが相次いで本格的な活動に入った。代表的なファンドは「朝鮮開発ファンド」と呼ば れ、米政府の解除の動きが表面化した昨年10月に資金規模を当初予定の500万ドルから1000万ドルへと倍増させた。

平壌にはすでに欧州11の企業から成る欧州企業連合会が結成され、合弁事業を展開している。

イタリアはブリンデルリ法律会社と世界的運送会社のDHLが進出しているし、英国は、オリンド(Orind)社が北朝鮮のマグネサイトに食指を伸ばしている。

ミネックス精油会社が北朝鮮との油田開発との関連で20年間の試掘契約を締結し、採掘を行なっている。採掘している石油埋蔵量について40~50億バレルと同社では推定している

フランスは北朝鮮と国交がないものの、パリには貿易の窓口として北朝鮮通商代表部がある。また、ラファース(Lafarse)社は平壌祥元(サンウォン)セメント会社に1億1千5百万ドルを投資しているエジプトのオラスコム社を150億ドルで買収している。

ラファス社の広報担当者は「北朝鮮のセメント工場は規模が小さく、設備も劣悪であるが、工場の改築・増築や設備への本格的な投資は考えていないと、コメントしていたが、07年7月に工場の持ち株50%を取得したオラスコム社は1億1千5百万ドルを投資して開発すると発表していた。サンウォン工場で生産されるセメントの品質は、韓国のそれよりも質が高いと評価されているので、ラファス社がこのまま手を付けないはずはない。

タングステン。パソコンのハードディスクや電子部品に使われているほか、米国は強力な貫通力を持つタングステン弾や防御能力を高めるため戦車の鋼板などに利用、需要は非常に高まるとの見方もある。だが、この市場は世界の埋蔵量の62%、生産量の88%(〇四年推計)を中国が占める寡占状態。北朝鮮が風穴をあける可能性もある。

出典jp.123rf.com

オーストラリアのRHIという会社も07年に端川のマグネサイト鉱山に800万ユーロを投資している。また、マラタナ信託会社が07年2月22日に北朝鮮財務省と合弁で小規模の貸付金融合弁会社を設立し、すでに貸付を始めている。

出典 国連経済制裁と逆行するEU企業の北朝鮮進出 (辺真一の「コリア・レポート」)

===
 

 

https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-36873/ より一部引用

===

北朝鮮の資源をめぐる争奪戦

 実は北朝鮮の資源をめぐる争奪戦は、すでに始まって久しい。2004年から11年の間に北朝鮮で合弁事業を開始した世界の企業は350社を超す中国以外ではドイツ、イタリア、スイス、エジプト、シンガポール、台湾、香港、タイが積極的であるが、そうした国々よりはるかに先行しているのは、意外にもイギリスである。

 イギリスは01年に北朝鮮と国交を回復し、平壌に大使館を開設。06年には、金融監督庁(FSA)が北朝鮮向けの開発投資ファンドに認可を与えたため、イギリス系投資ファンドの多くが動き出した。

 具体的には、アングロ・シノ・キャピタル社が5000万ドル規模の朝鮮開発投資ファンドを設立し、鉱山開発に名乗りを上げた北朝鮮に眠る地下資源の価値は6兆ドルとも見積もられている。そのため、投資家からの関心は非常に高く、瞬く間に1億ドルを超える資金の調達に成功した。また、イギリスの石油開発会社アミネックス社は、北朝鮮政府と石油の独占探査契約を結び、1000万ドルを投資して、西海岸地域の海と陸の両方で油田探査を行う計画を進める。

 一方、ロシアは冷戦時代に開発した超深度の掘削技術を武器に、北朝鮮に対し油田の共同探査と採掘を持ちかけている。この技術は欧米の石油メジャーでも持たない高度なものであり、ベトナムホーチミン沖で新たな油田が発見されたのも、ロシアの技術協力の賜物である。15年4月には、ロシアと北朝鮮は宇宙開発でも合意している。両国の関係は近年急速に進化しており、ロシアは新たに北朝鮮の鉄道整備のために250億ドルの資金提供を約束している。

 韓国の現代グループは、1998年から独占的に金剛山の観光事業を行っているが、数百億円に及ぶ赤字を出しながらも撤退しないのは、金剛山周辺に眠っているタングステン開発への足がかりを残しておきたいからであろう。

 アメリカからは、超党派の議員団がしばしば平壌を訪問しているが、核開発疑惑が表沙汰になる前の98年6月には、全米鉱山協会がロックフェラー財団の資金提供を受け、現地調査を行った。その上で、5億ドルを支払い北朝鮮の鉱山の試掘権を入手している。当面の核問題が決着すれば、すぐにでも試掘を始めたいという。

 韓国はじめ、中国、ロシアといった周辺国やアメリカ、イギリスの支援を得ることで、豊富な地下資源を開発することに成功すれば、北朝鮮は現在の中国のように急成長することが期待される。今が安く先物買いをする絶好のチャンスだと宣伝しているのである。実は、2015年4月、北朝鮮のリスユン外相はインドを訪問し、スワラジ外相との間で北朝鮮の地下資源開発と輸出契約の基本合意に達している。

 インドにとっては、中国と北朝鮮の関係が変化するなか、北朝鮮との資源外交を強化しようとの思惑が見え隠れする。要は、国境紛争やインド洋への影響力を強めつつある中国をけん制するためにも、北朝鮮を懐柔しようとするのがインドの狙いと思われる。

 日本人の大半はそのような動きにはついていけず、発想そのものに抵抗を感じるだろうし、金儲けを最優先する投資ファンドの動きには嫌悪感すら抱くに違いない。しかし、これが世界の現実である。トランプ大統領北朝鮮への過激な発言だけに振り回されていては、大きなビジネスチャンスを失うことになるだろう。

 日本は国際政治経済の動きを冷静にとらえ、北朝鮮に対する戦略を練り直す必要があるだろう。金委員長と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領がある日、突然手を握る可能性も視野に入れておくべきだ。「想定外」では済まされない。見た目は大違いだが、金正恩も文在寅も同じ朝鮮民族のDNAを引き継いでいることを過小評価するのは危険だ。
(文=浜田和幸/国際政治経済学者)

===

 

こうしてみると、韓国のほうが何を考えているのかひっちゃかめっちゃかな国のように感じるが、北朝鮮はしたたかな戦略を持って動いているようだ。

それにしてもこれほど資源が眠っていたとは、来るべき時まで神が隠して準備していたとしか思いようがない。

まあ、2000年前のイスラエルと同じく悲惨な運命が待ち受けているのだろうけれど。

 

ロシアが日本海側の北朝鮮の一部を飲み込む日が来るかもしれない。

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

クールなもの 大好きさ

www.youtube.com

 

アイアンマンのパワードスーツみたいでいいね。

子供の頃からアメリカのスーパーヒーローに触れてきたし、鉄人やアトムを見て育ってきたから、空を飛ぶってことには関心がある。

この人身体能力も抜群なんだ。

操縦をこなすのに訓練だけではなく、体も鍛えないといけなかったようだ。

 

www.youtube.com

 

ハリウッドが使いそうだね。

トム・クルーズかな。

 

日本は奥山がかっこいい車のデザインをしているようだ。

 

www.youtube.com

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

櫻井よしこは、韓国が中国に飲み込まれる思想的背景を語っている

www.youtube.com

 

 

文在寅の師であった盧武鉉が、2005年3月に第三士官学校の卒業式において、「韓国は日米韓の南方三角同盟から脱します。」とスピーチをし、補佐官が説明を付け加えた。それは日米韓の南方三角同盟(三カ国同盟)から脱して、北方三角同盟(南北朝鮮と中国の三カ国同盟)に移るという主張だという。

盧武鉉は失脚して自殺したが、当時の官房長官にあたる職責が文在寅であった。

 

亨進様が韓国が北に飲み込まれようと、飲み込まれまいが、結局のところ中国に飲み込まれるだろうという予想を裏付ける一つの事実だ。

 

『親北』に傾くのか? 韓国新大統領の右腕「秘書室長」の怪しい経歴 WEDGE Infinity(ウェッジ) より引用

===

5月9日に実施された大統領選挙の結果、新しい韓国大統領として文在寅氏が当選した。文当選者は当選と同時に空席状態の大統領に就任、翌10日から大統領としての執務を開始した。

 大統領の執務開始と同時に最も注目を集めているのが、第一次内閣の「顔ぶれ」だ。左派、親北といわれる文在寅政権が誰を登用するのか、登用においてどのような方向性を示すのかが大統領が本当に目指しているものを知るための指標となるからだ。

 投票の翌日である10日、国政を動かす「総理」、大統領の最側近ともいえる「大統領秘書室長」、検察と警察に強い影響力を持つ「青瓦台民政首席」という主役が決まったが、この人事の中で、現在議論の種となっているのが大統領秘書室長に内定された任鍾晳(イム・ジョンソク・51)だ。

文在寅・新大統領(GettyImages)

北朝鮮に学生代表を派遣―国家保安法違反で懲役5年
金大中政権下で赦免、政界入門

 1966年生れの任鍾晳は漢陽大在学中の1989年、全国的規模の学生運動連合体である「全大協」議長の座に上る。彼の名前が国民の頭の中に刻みこまれたのは1989年北朝鮮の世界青年学生祝典に韓国代表として女子大学生林秀卿氏を派遣した事件である。交流および訪北が禁止されていた当時、林秀卿氏が平壌金日成と抱擁する姿は、北朝鮮の体制宣伝のための道具として利用され、韓国社会に大きな衝撃を与えた。同時に、林氏を派遣した全大協のリーダー、任鍾晳の名前も全国的に知られるようになった。

 この事件を受け、警察は任氏を指名手配しその行方を追った。長期間の逃避生活の果てに逮捕された彼は、国家保安法違反で懲役5年の実刑判決を受けたが、3年半の服役後赦免により1993年出所。1999年金大中政権の復権措置の後、金大中大統領が訴えた「若い血輸血論(若い人材を登用する)」により与党民主党の候補として国会議員に出馬、当選した。

 以後、盧武鉉政権では与党「開かれたウリ党」の代弁人、朴元淳ソウル市長選挙ではキャンプ総括チーム長を務めた後、2014年からは朴元淳ソウル市長のもとで政務副市長の任に就いている。政界で名前が登場する度に過去の経歴が指摘されたが、その時は「主役」まではいえないポストだったためまだ「憂慮」のレベルでとどまっていた。

 しかし、彼の「経歴」から「親北」というイメージは払拭されず、2001年には議員の身分にもかかわらず、米大使館から入国ビザ発行を拒否されたことがあった。今後の文大統領訪米の際、果たして米国はどう対応するだろうか。

 また、服役中に手紙交換で知り合い後に結婚した妻のキム・ソヒ氏は2004年から日本にある朝鮮学校へ本を寄贈する運動に参加し、朝鮮学校を何度も訪問している。これは朝鮮総連との「パイプ」、少なくとも「了承」がないと不可能なことだろう。

任氏が秘書室長に内定したというニュースはなぜ韓国内で大きな話題となったか。

 それは文大統領が「親北」だという批判はあったものの、まさか従北勢力の核心とも言われる任鍾晳を側近として任命するとは、想像もしていなかったからである。韓国では政治家が「親北」だと名指しされた場合、イメージを払拭しようとするのが一般的である。側近としてイデオロギー性向が強くない人物、中道性向の人物を登用し、思想的に均衡感覚のとれた人間であることをアピールする。偏った思想の持主でないことを示し、国民を安心させるためだ。

 ところが、文大統領は自分よりはるかに「親北」と分類されている任氏を起用しようとしている。これは事件とも言っていいレベルの選択だ。そして文大統領の任氏に対する信頼の大きさを示すとともに、「従北」という批判は気にしないという宣言ともみることができる。

金正日に対する賛辞がSNSで広がりネット上は騒然
北朝鮮から「先生」と呼ばれる関係

 任氏の内定ニュースが流れた10日、韓国のネット上が騒然となる出来事が起きた。過去、任氏が書いたものと見られる文章がSNSに出回り、国民にショックを与えたからだ。それは2010年労働解放実践連帯というサイトに任鍾晳と名前で書かれた文章で、金正日の「先軍政治」と「同士愛」を礼讃する内容だったが、「親北」というより独裁者を崇拝する「信仰」とも取れるような内容だった。

 文章が掲載されていた労働解放実践連帯のサイトにはアクセスが集中し、トラフィック超過の為にサーバーがダウン、11日15時現在アクセスが停止されていたことからも韓国人がどれだけの驚きをもってこの文章を読んだかがうかがえる。

 ただ、この文章を書いたのが本当に本人かどうかは定かではない。それについてはマスコミの追及もなく、本人が否定も肯定もしていないからだ。

 ところで、任氏は金正日死亡時に弔意文を送っている。これに対し北朝鮮が返礼をする際、彼の名前に「任鍾晳先生」と敬称をつけ、礼を尽くしている。韓国大統領や政治家に対しても「先生」という敬称をつけることがない北朝鮮である。

 例えば、韓国では「親北」と批判されることがある金大中前大統領さえ、就任初期は北朝鮮の労働新聞から「クズ」呼ばわりされていた。それに比べたら「先生」は北朝鮮にとっての彼の位置づけを窺い知ることのできる事例ともいえるだろう。

 

 

大統領秘書室長というポストは総理よりも莫大な権力を持つ

 10日現在、韓国のポータルサイトでは任氏の内定と同時に任氏と林秀卿氏の経歴に関する検索が集中し、検索キーワードランキングの上位圏に二人の名前が表示されている。

 韓国において大統領秘書室長というポストは総理よりも莫大な権力を持つといわれる。大統領の「腹心」でなければ座れない席だ。文大統領も盧武鉉政権時代に秘書室長を務めることで知名度と人気を高め、自分の政治家としての地位を確固たるものにした。

 つまり、将来の大統領候補の座を狙うことができるポストだということだ。果たして文在寅政権下で、彼と彼の仲間たちが韓国をどのように変化させるか、目を離すことができない。

===

 

 韓国の現政権は、日本の過激派左翼の中核が政権中枢を握っているような状態だ。

とうてい話し相手になるはずもない。

日本とアジアの平和と安全は韓国抜きに考えなければならない情勢になってきている。

勿論表向きには協調路線は続けざるを得ないが、自由主義世界にとって共産主義トロイの木馬のような存在が文政権だ。

朴槿恵の犯罪の決め手となっていたはずのパソコンが捏造であったにも関わらず、

彼女は一向に牢から開放されないし、それで多くの国民が平気でいられるという信じられぬ低俗な国家だ。

個人的には韓流の時代劇が大好きで、日本のように時代考証をあまり気にせず自由に創造した物語はとても醍醐味があって面白く、英雄も魅力的だが、実際の韓国にはたくさんのドラマを賑わせていた英雄がさっぱり見受けられないのは残念なことだ。

 

韓国はもはや共産国家の一員と見たほうが少なくとも思想的にはかなっているだろう。

世界中に国家は多けれど、自国が進んでどうか属国にしてくださいと願う国は韓国以外には存在しないことだろう。

習近平がトランプにながらく朝鮮が中国の属国であったと説明したが、THAADも6機しか配備せず、ソウルさえも守れぬ情況で平気の平左だ。

彼の国は、他国によって侵略される以前に、自滅していくのがお家芸のようだ。

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。