読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

Amir Tsarfati氏によるシリア化学兵器空爆についての詳細な報告の動画 中東情勢の動画

国際情勢

www.youtube.com

 

私はプーチン国連の調査を受け入れる用意があると語っている動画を見て、

アサドが化学兵器を使ったという報道は誤りかもしれないと思った。

 

【シリア攻撃】トルコ、サリン使用を確認 露は国連調査要請へ - 産経ニュースより引用

===

 これに対し、プーチン露大統領は11日、同疑惑について、国連の関連機関に調査を実施するよう要請する考えを表明した

===

 

だが、実際には国連でロシアは国連の調査を拒否した。

このことは、やはりアサドの仕業か、少なくともロシアにとって知られたくない何かがあることを物語っているのだと思う。

以下の3つの動画はイスラエルから見た中東情勢がコンパクトに纏められているのでありがたい。

 

 

 

www.youtube.com

 

彼は、INFO WARS.COMの信憑性を疑っている。

アレックス・ジョーンズやIsraeli News Liveも、イスラエルは自国や周辺国についてもっと理解しているとした。

彼は基本的に陰謀論には反対のようだ。

アルカイダはトルコ内に巨大な空軍基地を持っている。

インジルリク空軍基地には核弾頭がある。

アメリカの戦っている相手はISIS。

イスラエルが監視している相手もISIS。

イスラエルイラクやシリア国内にISISを見ているのではなく、

ゴラン高原シナイ半島の国境に居るISISを監視している。

ついこの間も、ISISがシナイの中心部にある聖カタリナ修道院を攻撃した。

 ISISは棕櫚の主日似、コプト系エジプト人を攻撃。

ISISが居るのは、シリアとイラクだけではない。

ニッキー・ヘイリー国連大使

国連安保理は一日中イスラエルの話をしていないで、イランとヒズボラについて話し合うべきだ。」

 

 韓国のリーダーは、神の御心ではなく自分の考えでアブラハムにハガルを充てがい、

彼女の中に入るよう促したサラの失敗を繰り返してはならない。

自分の浅はかな考えを実行した結果、サラは僕のハガルに侮られ、その子どもイサクはハガルの子イシマエルにいじめられた。

何人も神のご計画に干渉することはできない。

 

 

www.youtube.com

 

アメリカは8年間北朝鮮の指導義務を怠った。

また、8年間シリアの国民が自由に化学兵器を使用することに対しても指導を怠った。

 シリア問題が最重要。

対立を利用して利益を得ている。

スンニ派シーア派の対立

ジハード派と穏健派の対立

クルド人トルコ人の対立

反政府勢力とシリア政権の対立

少数派と多数派の対立

サウジとイランの対立

ヒズボライスラエルの対立

 

実に多くの対立が、一つの領域に集結して

 実に多くのテロリストたちにとっての活動の場となっている。

 

彼はイスラエルの立場に立つので、北朝鮮問題を重視してはいない。

むしろ、そこに注目が行くことによって中東が手薄になっていると感じている。

 

現在ロシアはリトアニアに軍隊を送り、北朝鮮に最も近い港であるウラジオストックに軍隊を送っている。

ロシアは力の故事はしているが、ロシアの最大の関心は地中海の石油とガスにある。

 

OPECとロシアが、原油価格を挙げるために、販売される石油の生産量を、

1日180万バレルに減産することに協定した。

価格は少しだけ上がったが、現在では、またさらに50ドルほど下がっている。

上手くいっていないのだ。

ロシアの経済はサウジや周辺諸国などと同じく、石油とガスに頼っている。

そこで、ロシアは自分たちこそ中東の長であると見せかける必要があり、実際にそうしている。

そこでロシアは心理戦を行っている。

 

イランはシーア派の拡散、ヒズボラへや北朝鮮への武器供給

イスラエルは、レバノンに運ばれる道中、シリアに入る武器を破壊することによって自国を防衛する権利を行使している。

ロシアはスーダンにも深く介入し、武器売買を行っている。

古い戦車やT−72や砲弾の供給をしている。

イスラエルスーダンが存在する権利を否定し公言している。

イスラエルは8年間で数段の中心部を4回以上攻撃し、イランから運ばれる武器と首都ハルツームにあるロケット工場も破壊した。

 イスラエルからスーダンまで1500マイル(2414キロ)で

イランの核兵器工場までの距離と同じだ。

イランでは、51.6%がエルドアンがスルタン(イスラム君主)の権威を与えることに賛成した。これにより彼は16年間支配することができ、最高裁判事や国壊議員を誰でも好きに任命できることになった。つまり国会は威信を失い、民主主義は機能しなくなる。彼は首相になり大統領になりスルタンになった。

トルコはロシアと関係が深い。

もしイスラエルからギリシャ、イタリアを通るパイプラインができると、

ロシアとトルコのパイプラインの価値は低下する。

 

リビアのガス・石油の生産地域は、反政府勢力によって占拠されている。

ロシア兵がエジプトとリビアの国境で目撃されている。

彼等はリビアでその地域をなんとか解放して政府に返すようにと指導、活動することによって、自分たちが支配できるようにしたいのだ。

ロシアサイドのグループは

トルコ、イラン、リビアスーダン

 

 

www.youtube.com

 

現在のアメリカの弱点は海軍。

 

イスラエルレバノン、シリア、ヨルダン、エジプトと国境を共にしている。

どの国も複数回イスラエルと戦って敗戦してきた。

ヨルダンとエジプトはイスラエルと和平を結んでいるのでもはや敵ではない。

シリアは自国で内戦状態。

レバノンも自国で内戦状態。

レバノン、サアド・ハリーリー首相はヒズボラを否定し、イスラエルと戦う意志はなく、国連決議1701を守り、リタニ川南部には武器を持ち込んでいないと明言した。

レバノンは、アメリカやイスラエルよりだ。

 

エジプトは、二つの大きな領域がISISに攻撃を受けている。

イスラム教徒は以前、アッ=シーシーが乗っ取った時点でエジプトは敗北したことに気づいた。

現在ISISが侵入してエジプトでは少数派であるコプト系クリスチャンが1000万人いるところを攻撃している。毎日のようにISISが軍を攻撃している。

エジプト軍は巨大だが古い軍集団で、戦車や戦闘機やヘリコプターが主で、ジハード派テロリストのゲリラ戦にはまだ対応できていない。

 

ヨルダンは1970年イスラエルがヨルダンの王をシリアと内部のPLOの攻撃から守って以来長年の味方であり、1973年ヨルダンの王フセインが、ゴルダ・メイア首相に、もうすぐシリアとエジプトが攻撃してくると伝えた。

 

サウジアラビアは現在穏健派。経済が枯渇して変化を起こそうと模索中。

石油価格が彼等の許容範囲を下回っている。政府のプロジェクトの25%は履行されておらず、現在中止されている。

ドバイと違い石油の他は何も用意できなかった。

シーア派である、イエメンのフーシ派反政府勢力が、アラブ界最大のスンニ派国家を毎日のように攻撃している。

イランの拡大、そして全ての問題を引き起こしている、イエメンのフーシ派への、イランによる支援を終わらせるためなら、サウジはイスラエルと協力関係を結ぶ準備万端の状態。

 

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

 

 

 

トランプの国営の動画 エトセトラ

トランプ大統領 韓半島情勢 国際情勢

www.youtube.com

 

スティーブン・ムニューヒシン財務長官(元ゴールドマン・サックス幹部)

ゲーリー・コーン国家経済会議委員長(前ゴールドマン・サックス社長)

ウィルバー・ロス商務長官(前投資会社会長)

 

何故政権の中枢ウォール街出身者ばかりで占めたのか?

 

ジャーナリスト、ノミ・プリンス(元ゴールドマン・サックス社員)は歴代大統領とウォール街の関係を調べている。マネージング・ディレクターをゴールドマン・サックスで務めていた彼女曰く。

 

「トランプ大統領が不動産王になれたのも、ウォール街の資金援助があったからこそです。トランプ大統領はオバマ政権が金融危機の後に定めた銀行への規制を緩和すると言っています。ゴールドマン・サックスなど投資銀行のビジネスは賭け事のようなものです。規制が緩和されれば賭け事がしやすくなります。だから人材を政権に送り込み、自分たちの利益になる政策を作れるようにしているのです。」

 

 

中国と北朝鮮の関係がこじれてきていることを示唆する記事が台湾から発信されている

 

中国軍、昨年から北朝鮮を仮想敵として警戒 J10戦闘機やH6爆撃機を配備|ニフティニュース より引用

===

2017年4月21日、RFI中国語版サイトは、中国が北朝鮮を昨年から仮想敵としていると報じた。

台湾の通信社、中央通訊社は著名軍事評論家として知られる平可夫(ピン・コフ)氏のコメントを掲載した。同氏によると、中国軍は2016年から北朝鮮を仮想敵とみなしているという。北朝鮮の核ミサイルは中国の東北地方、河北地方を射程に収めており、中国に対しても脅威だ。

中国軍北朝鮮に対する警戒、対空攻撃態勢を強化している。2016年には北朝鮮に近い吉林省延辺朝鮮族自治州延吉市にJ10戦闘機を配備した。また内モンゴル自治区呼倫貝爾市の基地にはH6爆撃機配備された。最新鋭兵器によって北朝鮮に対する攻撃力を確保した格好だ。(翻訳・編集/増田聡太郎)

===

 

また、北朝鮮は手当たり次第に外国を威嚇し始めている。

 

北朝鮮、オーストラリアを核攻撃で脅す より引用

===

オーストラリアのビショップ外相は最近のインタビューで、北朝鮮がオーストラリアを攻撃する可能性もあるとの見方を示し、北朝鮮の核プログラムはオーストラリアにとって「深刻な脅威である」と述べた。

北朝鮮外務省報道官は「オーストラリアの現政府は盲目的であり、米国の路線を熱心に追従している。オーストラリアが北朝鮮の孤立と抑圧で米国の追従に固執し続けるのであれば、それはわが戦略軍の核攻撃のゾーンに入る自殺行為となる」と発表した。

先の報道によると、朝鮮民主主義人民共和国はこの先米国から煽動があった場合、南北統一のための「偉大な戦争」を開始しうる。

===

ペンス副大統領がオーストラリアを訪問した際のことで北朝鮮は気分を害したようである。その記事は以下にあるので引用する。

米空母カールビンソン、月末に日本海へ ペンス氏明かす:朝日新聞デジタル

===

 アジア太平洋地域を歴訪中の米国のペンス副大統領は22日、オーストラリアシドニーでターンブル豪首相と会談した。両氏は、アジア太平洋地域への米国の関与を確認し、北朝鮮の核・ミサイル開発問題の対応も話し合った。ペンス氏は米原子力空母カールビンソンが今月中に日本海に展開することを明らかにした。

 ペンス氏は、会談後の共同記者会見で、カールビンソンの展開時期を「数日のうち今月末までに」とし、その意味について「米国はこの地域に資源や人員、プレゼンスがある。そのことを各国、とりわけ北朝鮮は誤解すべきではない」と述べた。一方で、北朝鮮問題の「平和的な手段による解決を望む」とし、「中国はもっとできることがある」と、中国が北朝鮮に圧力をかけることの重要性で一致したことを明らかにした。

 今回の訪問についてターンブル氏は会見で「我々の同盟を再確認する機会になった」と語り、ペンス氏も「(同盟は)強固だ」と応じた。

===

さて、北朝鮮の脅威を一番受けている韓国では

慰安婦問題「合意する考えない」 韓国・洪準杓候補:朝日新聞デジタル より引用

===

韓国大統領選与党「自由韓国党」(旧セヌリ党から立候補した洪準杓(ホンジュンピョ)・前慶尚南道知事が19日、朝日新聞の書面インタビューに回答した。米戦術核の朝鮮半島への再配備を主張し、朝鮮半島の非核化を堅持した朴槿恵(パククネ)前大統領の政権よりも踏み込んだ。慰安婦問題の日韓合意の履行は進めず、再交渉も必要ないとした。

 洪氏は与党候補として朴政権に対する強い批判の影響を受け、支持率が低迷している。洪氏の主張は、北朝鮮情勢が緊張するなかで安保問題や南北関係で野党候補の主張と差別化し、日韓慰安婦合意への世論の批判を受け入れることで、少しでも支持を回復する狙いがありそうだ。

 洪氏は「核には核で対応しなければならない。(米国の)戦術核再配備を通じ、韓(朝鮮)半島の核の均衡を達成する」と語った。米国は1991年、当時の盧泰愚(ノテウ)・韓国大統領が朝鮮半島の非核化を宣言したのを受け、在韓米軍の戦術核を完全に撤去したとされる。朴政権は朝鮮半島の非核化を堅持する方針を示していた。

 洪氏は同時に、日韓の「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)について「両国の利益になる。北韓北朝鮮)の脅威に対し、韓米日の安保協力がさらに強化されると思う」と述べた。

 日本政府が元慰安婦の支援事業に10億円を拠出するなどとした日韓合意について「慰安婦問題は金で取引する対象ではない。現在、日本は慰安婦問題をまるで売春婦のように罵倒している」として、合意の履行に否定的な考えを示した。

 「この問題で、交渉も合意もする考えはない。我が民族が国家を失い、力を失ったときに遭遇した痛みのある歴史だ」とも述べ、日韓合意の再交渉に乗り出す考えもないとした。

===

 <コメント>

韓国の存立のためには、米日韓の一体化が前提条件である。韓国一国では北朝鮮の南進を阻止することはできない。頼みの綱の米軍基地は日本に主力がある。ここからの派兵には日本政府の理解が必要である。日本政府は国民感情に影響を受ける。国際的合意を簡単に翻すような国を信じる国家はどこにもないだろう。政権が違っても前の政権の行ってきたことは継承しなければならないのが、国際法上の慣例である。

これを簡単に無視すれば、三流国家、五流国家の蛮族として天下に自ら宣言するようなものである。国民におべっかを使うために国家の品位を貶めるようなろくでもない大統領が韓国に立てば、誰にも未来は見えている。

北朝鮮をアメリカが爆撃して現政権を排除しようが、金正恩が中国の助言によって亡命しようが、北朝鮮には中国の息の掛かった政権が発足する。一方、どのような人物が大統領になったとしても、中国資本抜きで韓国経済がやっていけるほど韓国経済は自立していない。ロッテは中国の露骨な嫌がらせを受けてったってTHAADを配備する土地を提供した。リスクを取って国民に正しい選択を説明できる人物が現在の韓国にはいないのか?

韓国は既に中国の経済的属国となっている。そのような国が、どうして政治的には自立し得るといえるだろうか?韓国大統領候補も、一般国民も大局を見据えることができず、小局に頑迷なまでに固執し、亡国街道一直線である。

結局のところ、大方の人々の予想するように、北も南も同じ中国の息のかかった政権が立ち、かっての時代のように、中国の属国、朝貢国に成り下がるのであろう。

韓国新大統領は迎恩門か?

破壊される前の迎恩門

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

トランプと金正恩のチキン・ランはどちらかが抜けるまで続く

www.youtube.com

 

北朝鮮の核実験はカウントダウンに入ったのか!?(辺真一) - 個人 - Yahoo!ニュース

より引用

===

北朝鮮が核実験をした場合、放射性物質を探知する米国の特殊偵察機が昨日(20日)、沖縄から日本海に緊急出撃したことから北朝鮮の核実験が間近に迫っているとの憶測が飛び交っている。

(参考資料:北朝鮮の6度目の核実験の「Xデー」は?)

この日午前7時、沖縄の嘉手納基地から飛び立ったのは「WC-135」(コンスタント・フェニックス)1機で、米軍が所有する2機のうちの1機。午前中に飛び立ったのは、北朝鮮の1回目(2006年10月)の核実験が10時35分、2回目(2009年5月)が9時54分、3回目(2013年2月)が11時57分、4回目(2016年1月)が10時30分、そして5回目(2016年9月9日)が9時30分といずれも午前中に実施されていることと関係している。

米空軍所属の「WC-135」の主な任務は核実験後に大気中に含まれる極微量の放射性粒子を捕捉することにある。放射性粒子が検出されれば、その種類や濃度、比率によってどのような種類の核実験をやったのか判明できる。

「WC-135」は時速640km、最大高度は12kmで飛行し、乗務員と専門分析要員33人が機上しているが、今月7日に嘉手納基地に配備されている。

「WC-135」は北朝鮮の初の核実験(2006年)時は核実験後に日本海に急派され、自衛隊保有のT-4練習機と並行し、大気収集の任務にあたり、放射能物質の捕捉に成功していた。以後、2回目(2009年)から前回の5回目(2009年)まで核実験の兆候がある度に米国のネブラスカ州の基地から嘉手納基地に飛来し、放射能物質の捕捉に努めたが、いずれも失敗に終わっている。

「WC-135」が嘉手納基地から日本海に急派されたのは、北朝鮮の核実験の予兆があったからだと言われているが、一部では北朝鮮が中国に核実験を通告したことによるものとの説も出回っている。ちなみに北朝鮮は1回目の時は実験の29分前に、また2回目の時は15分前に中国に事前通告していたが、3回目以降は確認されてない。一説では、中国が反対していたこから通告しなかったとも言われている。

韓国では「WC-135」が緊急発進したことから直ぐにでも核実験があると一時緊張が走ったが、どうやら兆候があったから発進したのではなく、核実験が行われた場合に備え、本格的な任務を遂行するための飛行訓練であった可能性が大だ。

いずれにせよ、「WC-135」の日本海出撃は北朝鮮の6回目の核実験の可能性が高まっていることを暗示しており、その時期として4月25日の朝鮮人民軍創建85周年あたりが有力視されている。

偵察衛星が16日に撮影した最新の衛星画像で核実験場の施設内の3カ所でバレーボールの試合が行われていたことから「衛星画像でバレーの試合を観察させることで実験を保留する決定が下されたと伝えようとしているのかもしれない」と米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所では分析しているが、同時に欺瞞工作との分析もなされている。

北朝鮮は3回目の核実験(2013年2月)を強行した際、直前に北朝鮮の対南宣伝機関の祖国平和統一委員会のウェブサイト「我が民族同士」が「米国などは3回目の核実験と早合点し、実行すれば先制攻撃すると騒いでいる」とあたかもその気がない素振りを見せていたが、実際にはその3日後に核実験を強行していた。

国連安保理は昨日、北朝鮮の4月16日のミサイル発射を「強く非難する」報道声明を出したが、通常、北朝鮮外務省は安保理声明が出されたその日に即座に断固拒否する声明を出している。そして、しばらくして対抗措置を取ってきたのが今までの北朝鮮である。北朝鮮がこのまま何もしないで「良い子」でいられるとはとても思えない。

北朝鮮の核実験はやるかやらないかではなく、いつやるか、それも早いか、遅いかの時期の問題だけだ。

===

 

辺氏の言う通り。

奴は必ずやる。

アメリカも日本も韓国も覚悟はいいか。

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。