原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

再臨主文鮮明先生が証された美しい夫婦の話  「平和の主人 血統の主人」より

家庭を持ち、長男が生まれてくる前のことであった。

人生で最も素晴らしい喜びの瞬間が我が子の誕生の時であろう。

当時、私は生まれてくる子供のために原稿用紙で10枚、およそ4000字の文章を書いた。

青臭い文章だが、我が子を迎えるための素直な気持ちを表現してみた。

その中で私は、もし子供が障害を持って生まれたらどうするかを神に誓った。

人生の最高の喜びの時、あんな子供こんな子供がほしいと思ったところで、最後に人間は皆五体満足でさえいてくれればと願う。

だが、喜びの絶頂になるはずが、地獄の底に突き落とされるように、我が子が不自由をもって生まれたらどうするというのでしょうか?

お父様は常に先回りし、前倒しで考え且つ歩まれた。

私もそうしよう。

 

私は天の父に誓った。

もし、私の子供が不自由をもって生まれてきたとしても、

どんな素晴らしい子女を授けられた夫婦よりも感謝して、

授けられた子供とともに生きていきます。

サタンがそれを見てがっかりする姿を見ながら、

私たち夫婦は歩んでいきますから、

どうかそのような時にも、ご心配なさらないでください。

 

やがて子供は不自由なく生まれてきた。

私たち夫婦には二人の子供の他に、三人流産でこの世に生を受けず召された子どもたちもいます。

相対者は口癖のように、弱い子供は天が召されていくというようなことを言います。

本当にそうだろうか?と私は思ったものです。

八ヶ月ほど前には、その文章はあったのですが、引っ越しで何処かに失われてしまったようです。

 

祝福家庭とは一体何でしょう?

もし、お父様が次のように証しされた夫婦より、

私たちが低い基準で結ばれているなら、

私はお父様から頂いた「祝福家庭」の証明書を

彼らに差し上げたいと思います。

神様が共に住みたいと願う夫婦こそ、

真の祝福家庭であるからです。

 

 女性という存在は、障害者の男性を夫に迎えたとしても、一緒に暮らせないとすれば、天国に行くことができません。消えてしまわなければならないのです。相対がいないまま死ねば消えてなくなります。

 どんなに手足が不自由で、男性にも女性にも障害があったとしても、結婚して一緒に暮らすならば、生活において天の国がすべて待遇してくれます。楽しく暮らすのです。先生が住んでいた村に、ユ・クムソクという障害のある夫婦がいました。女性は足も使えず、腰も伸ばせませんが、顔の目、耳、鼻は正常です。男性は目が見えず、話もできず、手足も不自由で座ることもできませんでした。そのような二人が結婚したのです。

 女性の世話で暮らしていたその夫婦が、私の家に来る途中で亡くなりました。私は墓の場所を決めて埋めてあげようと思いました。(彼らは)11月に雪が降り始める前に私の故郷に訪ねてきて、昼食を準備して松の木陰の、夕焼けのとても温かい所で二人で食事を取りながら、二人で寄り添って座り、喜びながら眠りについて、そのまま逝ったのです。

 そのような歴史的なすべてのことを、先祖たちが誤ったすべてを穴埋めし、ここまでやって来て皆さんにこの恵みを与えるのです。この教材を与えるのです。

 「平和の主人 血統の主人」P112〜114

 

 共産主義者社会主義者は、形状的なことばかりに目を向けて、

神がわれわれに与えてくださった性相的な人間としての尊厳について、

考えてくれるでしょうか?

白い人も、黒い人も、黄色い人も、赤い人も、人は皆幸福を求めています。

体が自由な人も、体が不自由な人も、老若男女皆そうです。

神は人に等しく三大祝福を与えました。

人は皆この公式に沿ってこそ幸せを得ることができます。

 

1,心の成長を遂げて個性を完成しなさい。

2,夫婦として結ばれ父母として成長し祖父母として完成して王と王妃になりなさい。

3,心の不自由な者も体の不自由な者も、誰であっても天一国に父と共に住みなさい。

 

心の成長を求め、夫婦寄り添い相助け、父がいます天一国に住まなければ、

一体わたしたちは何のために生まれてきたというのでしょうか?

 

今日、あなたはこの3つの誓約のもとに生活していますか?

それが問題だというのです。

 

御父の限りない愛の前にひれ伏して。

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

馬淵睦夫氏が語る動画 2019年日本の大問題 

www.youtube.com

 

馬渕氏は、国益中心に世界情勢を読み解くという作業を日本人が苦手なので、トランプ大統領のように民衆にわかり易い言葉で解説してくださる。

彼の国家的スタンスは、天皇陛下を中心とする国体である。

この点、松本道弘などとも幾分近いといえるかもしれない。

松本は大前研一には哲学がないと切り捨てた事があったが、私の知る限りそれに対する反論が大前から出されたことがなかったように思う。

つまりマッキンゼーという外資コンサルティングファームに勤めていた大前には、参謀としての戦略戦術を駆使することができる能力は高いとしても、彼の弱点は哲学、すなわち価値である。

彼の本を読む限り彼は唯物的な世界観の持ち主であるようだ。

そこで唯物的な人生観を持つ人びとと結果的には迎合するようになるのである。

 

日本には、国体があり、その表現としてconstitutionとしての憲法憲法があるという。

亨進様が、MR15を持って王冠をかぶって教会で祝福をされたことは、全米のマスコミはおろか、全世界の国々に配信された。

これも、アメリカの祖父たちの建国の精神という国体があって、合衆国憲法があるということであろう。

 

このように、天一国や、天一憲法に一旦変換して、彼が語る貴重な情報を咀嚼することが寛容であると考える。

 

少し経ってから、幾つかのキーワードを巡って、我々の世界観からどうみるべきか?

簡単に述べてみたいと思う。

いわゆるディープステイトのことである。

 

このブログを訪れた英語に堪能な方は、以下の書物が現在のアメリカの実情を表していると評判が高いことをお伝えしたい。

著者たちの動画もたくさんある。

日本語しかできないわたしは情報格差を痛感する。

個人的には早く日本語化して欲しい。

だが、多くの善良な日本の人びとには、今世界で何が起こっているのか知ってほしい。

特に英語が堪能ならば。

 

  

The Killing of Uncle Sam : The Demise of the United States of America

The Killing of Uncle Sam : The Demise of the United States of America

 

 

www.youtube.com

 

Killing the Deep State: The Fight to Save President Trump

Killing the Deep State: The Fight to Save President Trump

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

 

独生子(ひとり子)His only begotten Son 家庭連合では世の中と同じく「(人間は)堕落したので、文総裁も堕落した血筋だ」と考えているのです

For God loved so the world that 

He gave His only begotten Son,

that whosoever believth in Him

should not perish but have

everlasting life.

For God sent not His Son into

the world condemn the

world, but the world

through Him might be saved.

 

John 3:16,17

 

 

Parallel Verses
English Standard Version
“For God so loved the world, that he gave his only Son, that whoever believes in him should not perish but have eternal life.

King James Bible
For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life.

American Standard Version
For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth on him should not perish, but have eternal life.

Douay-Rheims Bible
For God so loved the world, as to give his only begotten Son; that whosoever believeth in him, may not perish, but may have life everlasting. 

English Revised Version
For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth on him should not perish, but have eternal life.

Webster's Bible Translation
For God so loved the world, that he gave his only-begotten Son, that whoever believeth in him, should not perish, but have everlasting life.

Weymouth New Testament
For so greatly did God love the world that He gave His only Son, that every one who trusts in Him may not perish but may have the Life of Ages.

John 3:16 Parallel

 

天の父から生まれたので、我々のように母から生まれたものとは違う言葉になっている。

李相軒先生もおっしゃっているように、イエス様は天の父から生まれたのである。

天の父である神様からアダムは生まれ、アダムからエバが生まれたのである。

 

 文総裁について世の中では、「(人間は)堕落したので、文総裁も堕落した血筋だ」と考えているのですが、それは違います。エバが誤ったゆえに、アダムの血筋を胸に抱いて育ててきたのです。アダムは再創造されることが可能なのです。アダムは完全に天地の道理を知り尽くして、ラスベガスとか淫乱の巣窟まで支配することができるのです。これを私がもっているのです。

「平和の主人 血統の主人」P47

 

堕落した韓鶴子 オモニは、お父様が生まれた時からイエス様に会うまではずっと原罪を持っていたと語ってきた。

この世の人たちのように、文総裁も堕落した血筋だと考えている。

その韓鶴子オモニの言葉を信じて、新しい神学を創る家庭連合も、

お父様が堕落した血筋だと信じている。

 

これ以上の異端はない!

 

”チクタク”という一秒のその瞬間に内外ができています。一秒を中心として東西南北の四方に球形ができるのです。圓球ピースカップ!「ピースカップ」といえばカイン・アベルが出てきます。父母のピースカップとなってこそ、圓球世界に父母が天地を抱き得る袋ができ、東洋と西洋が一緒に入って一人の父の血肉を受け、父の要素を受けて生まれることができませんでした。母から生まれて母の血肉を受け継いだので、母を忘れてしまうことができません。

「平和の主人 血統の主人」P75

 

家庭連合の血統転換は母の血肉による母の血統への転換である。

これに対して、サンクチュアリの血統転換は、お一人の神様の実体である

真の父の血肉を受けて、父の要素すなわち父の血統への転換である。

 

 それゆえ、我々は真の父母の資格を備えてこられる再臨主によって霊肉が共に生まれ変わらなければなりません。我々は条件的、あるいは、象徴的に母親の胎内から新しい生命として生まれなければならず、そのための道を我々は歩んでいるのです。今日まで聖霊は母親の役割をしてきました。我々は母親である聖霊を通して、父親、すなわち、イエス様の霊を通して新しく生まれなければなりません。 

 もちろん我々は母親の胎内から生まれたのですが、もっと深くさかのぼって考えてみれば、生命の起源は父親から出発するのです。母親の胎内までさかのぼっていくことによって血統は交差して復帰されましたが、いまだに父親を迎えることはできませんでした。そのような理由で、今日までクリスチャンは母親の霊である聖霊の力によって生命の起源である父親、すなわちキリストのそばに帰っていくことを願い、その再臨を待ってきたのです。堕落する前に既に息子と娘の生命はすべて、父親であるアダムの体の中で一つの種として存在しました。息子や娘となる種は父親の体の中にあるのです。 

 このように根本的に考えてみれば、我々は霊肉が共に生まれなければなりません。それゆえ、我々は霊肉が共に再出発するために種の立場にまで戻らなければならないのです。

 「神様の摂理から見た南北統一」P80〜81

 

母親の胎内までさかのぼっていくにしても、その母が父と一体化して初めて血統の交差が始まる。

絶対「性」、絶対精子から永遠の命は始まるというのである。

エス様はマリアを通して生まれたが、エバはイエス様を中心として生まれなければならなかったのである。

 

ではエバは、どのように現れなければならないのでしょうか。創造の原則によって、エバはアダムを通して造られなければなりません。イエス様はマリヤを通して生まれましたが、エバが生まれるに当たっては、そのような原則はありません。エバが僕の立場で蕩減復帰しようとするならば、イエス様がアダムを復帰完成したのちに、イエス様によってつくられなければならないのです。そもそもエバはアダムによってつくられたので、復帰されたエバもアダムの代わりであるイエス様を中心としてつくられなければなりません。

エス様の生涯と愛」 P116~120 1971年1月1日

 

韓鶴子はお父様に教育されたことはないと断言している。

お父様とは関係なく無原罪で生まれた独生女だとした。

お父様と霊的にも実体的にも離婚状態に陥ったのである。

 

 偉大だからといって王の役割は果たせません。王がいるなら、女王もいなければなりません。相対がいなくなる時には、いくら王でもなくなるのです。天地人の道理を知らなければなりません。

「平和の主人 血統の主人」P23

 

お父様は窮地に追い込まれたのである。

最後までお父様を愛した真のエバは康賢実様でした。

エバが実体の神様であるアダムの血統ではなく、サタンの血統を選んだように、

韓鶴子は、お父様の血統ではなく、訓母が紹介した「神という存在」と結婚した。

堕落は、血統を違えて始まったことを我々は教えられている。

 

分かれたものはどうなるのか、何から分かれたのか、根本が何から分かれたのか。血筋から分かれだしたということを、皆さんは知りませんでした。

「平和の主人 血統の主人」P26

 

主の路程では、お父様は拷問の限りを激しく受けて臨死状態になりゴミのように放り出されたが、弟子が神の導きで発見して、お父様が死んでしまったと泣き叫びながらも看病して蘇生する道が切り開かれた。

だが、韓鶴子はお父様が昏睡状態の時に生命維持装置を外そうとした。

亨進様と国進様と朴先生の三位基台でそれをかろうじて覆すことができたのであった。

 

 西洋の人たちは、乗っていた馬もこれ以上乗れないとなれば殺してしまいます。銃で撃ってしまうのです。馬が蛇などに噛まれたら、銃で撃ち殺していくのです。そのような思想があります。自然の環境に任せて処理するのではなく、人間の加重的な力で処理します。しかし東洋思想は、昏睡状態で十年いても、最後まで待ってあげるのです。最後まで最善を尽くしてあげるのです。

「平和の主人 血統の主人」P31

 

独生女家庭連合の祝福と血統転換は、韓鶴子という女性上位の血縁関係である。

お父様は、人類始祖の堕落を「エバがアダムにまたがった」と

言われた。

 

 女性がみな、女性第一主義だと言いながら、男性に乗っかって愛しますか。入れるべき水がこぼれるでしょうか、入るでしょうか。男性が、宇宙よりも大きい、もっと大きいこのような凸になっても受け入れるべき器でなければならないのに、自己第一主義に何があるでしょうか。残るものが何かあるでしょうか。すべてこぼれてしまうのです。そのような女性を迎えて暮らそうという男性はいません。家庭に入れば、男性は僕になります。女性が王となり、夫は僕だと考えるのです。

 一秒で宇宙を失ってしまいます・・・

「平和の主人 血統の主人」P36

 

初めに神は、性相的男性格主体のご自身に似せて無形実体世界を創られた。

男性器をお持ちの神様は、女性のいない天使世界を創られた。

そして御自分の本質には似ていない形状や陰性を強調したエバと有形実体世界を造られた。

 

 天使世界に神様は女性を造りませんでした。

「平和の主人 血統の主人」P59

 

天の父母様は、お父様の血統と心情に一致した真の母によって始まる。

韓鶴子は最後の最後でお父様を裏切ったのであった。

天聖経を改竄し、自分を高めるために利用したのである。

 

言葉で文総裁の理論を凌駕できるでしょうか。天地父母天宙安息圏!それも理論的に連結できないようにしたのです。安息圏で絶対「性」、絶対「精子」、愛の主人、再臨主、救世主、メシヤです。イスラエルに来たイエス様がそのような立場にあった、ということを知らなかったのです。葬り去りました。

「平和の主人 血統の主人」P61

 

一つの血筋を中心として、一つの祖国と故郷であるべきで、故郷は二つに分かれることができない。

我々が望んできたものは、マザーランド・カントリーではない。

 

神様のホームタウン・カントリー(故郷の国)!神様のファーザーランド・カントリー(祖国)は韓国しかありません。一人の主人を信じてきたこの民族しか残ることはできないのです。

「平和の主人 血統の主人」P120〜121

 

その祖国は韓国ではない。

孔子がそのみ言葉を教えてもなかなか中国で受け入れられないので、東方の礼節を重んじる所に行きたいと思ったことがある。

古朝鮮であろう。

 

東夷族」とは何ですか。東方の国における、矢を上手に放つ戦のチャンピョンです。頭が良いので戦に勝ちます。多くの手法によって常に勝利するのです。高句麗を中心として、千年前に王国ができました。その高句麗(精神)がいまだに死なずに韓国で実を結ぼうとしているので、中国が大騒ぎです。

「平和の主人 血統の主人」P84

 

韓鶴子は韓国は韓氏の国だとえばったので、お父様は「韓氏を誇るなというのです。」と叱責されたのであった。

一つの血筋にまとめるためであった。

お父様はお母様が試練を超えていくことが出来るように、母の教材を作ってくださったのである。

 

このように見るとき、私も心配がありません。アメリカを捨てていくのですが、教材を作りました。母の教材であり、皆さんの教材です。母が果たせずに誤ったならば、「お母さん、悔い改めてください。生きる道がありません」と言えるような皆さんにならなければなりません。母を再び祝福できる教材ができたので、訓読会の祖となるのは皆さんしかいません。二世が家庭訓読会のリーダーになります。そうでなければ、誰もそれを為すことができません。

「平和の主人 血統の主人」P108

 

韓鶴子オモニは、凸凹の話が好きではなかった。

お父様は、お母様も本体論を学ばなければいけないと言われた。

それは、絶対「性」も絶対愛も絶対の母で決まるからである。

 

原理の解説を教え、『原理講論』を教え、最近は、どのような神かという実体論(本体論)を教えてあげます。神様の絶対「性」と絶対愛と絶対の母です。生命と愛の絶対王宮とは何ですか。凹凸です。父母の王宮、王の王宮が絶対先祖の基です。

「平和の主人 血統の主人」P112

 

お父様は謎のような言葉を残された。

 

 平和の王宮の門、一つしかない理想的統一天下である神様の祖国と真の父母の祖国、神様の故郷と真の父母の故郷、祖国と故郷が一つになったので、皆さんはその血肉を受けて生まれ、内的血肉、皮と産毛まで似て生まれたので、天の民とならざるを得ません。体制が何もかもなくなって、すべてのものが終わりになったので、最後に生きていたければ、文総裁にしがみついてこそ生きるのです。簡単です。

「平和の主人 血統の主人」P128

 

 

「エバである女性は、行く道を自分で決めて行くことができません。」 文鮮明 

 「平和の主人 血統の主人」P145

 

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。