読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

トランプ大統領は就任100日目の29日ペンシルバニアで大規模集会 トランプとバノンの一体化の支援を!

「トランプ バノン 写真」の画像検索結果

 

 

就任100日目に大規模集会=米大統領:時事ドットコム より引用

===

【ワシントン時事】トランプ米大統領は22日、新政権の大きな節目と位置付けられている就任100日目29日にペンシルベニア州で大規模な集会を開くことをツイッターで明らかにした。大統領は「集会を楽しみにしている」と記した。
 29日にはワシントンで毎年恒例のホワイトハウス記者会主催の夕食会も予定されている。大統領は歴代、この夕食会に出席してスピーチするのが慣例だが、トランプ氏は自身に批判的な報道に反発し、出席見送りを決めている。 (2017/04/23-06:16)

===

 

アメリカに在住のメンバーは、トランプ政権が就任演説で明らかにした、真の国民主権の実現のためには、トランプとバノンが再び手を結ぶことが重要であることを集会で訴えなければならない。

トランプとバノンの写真が揃ったプラカードやのぼりや横断幕などが必要であろう。

アメリカが天一国の中心地である。

アメリカ国民がトランプとバノンを一つにしなければならない。

ペンシルバニアは大統領選挙の分水嶺であった。

100日たった今、再び天はペンシルバニアに天運を託そうとされている。

アメリカのサンクチュアリは、今こそ立ち上がるときである。

できることはなんなのか?

 

マスコミのトランプに対する迫害は怖くはない。

むしろトランプ政権内の権力争いが問題である。

トランプ政権は政策の立案やそれが現実的に議会を通すための知恵とノウハウを持った

老練なスタッフの充分な確保や、共和党議員の協力体制にある不協和音の解消に務めなければならない。

しかし、それは妥協の産物であってはならない。

ビジネスマン出身者だけでは、法案や大統領令の実施を可能にできない。

また、ビジョンを持たない実務家だけでは理想は叶えられない。

バノンとバノン派の人材を一掃するのは性急な判断である。

トランプとバノンのタッグを支持して行進せよ!

事前に賛同してプラカードを持って参加するようネットに呼びかけ拡散せよ!

トランプの理想の実現のためにはバノンが不可欠であることをトランプ大統領に訴えよ!

 

「トランプ バノン 写真」の画像検索結果

Evan Vucci / AP

 

アメリカのメンバーの活躍する時が遂にここに来たのだ!

トランプ政権にバノンを取り戻せ!

God bless America!

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。