読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

天意無縫 20170410 ティラーソンの発言と北朝鮮の化学兵器のシリアへの輸出疑惑報道について一言

国際情勢

ロシアの「失敗がシリアの化学攻撃を可能に」 米国務長官 - BBCニュース より引用

 

===

国務長官としての初訪ロを目前に控えたレックス・ティラーソン氏は、シリアが反政府勢力地域の町に化学攻撃を実施できたのは、ロシアのせいだと非難した。

9日放送のCBSニュースとのインタビューでティラーソン長官は、シリアが国際社会に約束した化学兵器の廃棄をロシアが十分に管理監督しなかったせいで、イドリブ県での攻撃が可能になったと述べた。

ティラーソン氏は、化学攻撃とされるシリア軍の攻撃にロシアが関与していたと示す証拠は何もないと指摘した上で、「ロシアが共謀していたか、それとも単に無能だったのか、あるいは(シリア政府に)してやられたのかはともかく」、ロシアは「国際社会への約束と責任を果たさなかった」と批判した。

ロシアは「シリアの備蓄化学兵器の備蓄廃棄について保証する」と合意したのにもかかわらず、「ロシアが失敗したせいで、子供たちや罪のない人たちがますます殺されることになった」と長官は付け足した。

ティラーソン氏は10日にイタリアで開かれるG7外相会談に出席した後、モスクワを訪れ、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談する予定。

G7外相会談では、アサド政権と距離を置くようどのようにロシアへの圧力を強めるかを話し合う。

ロシアはシリア政府の主要同盟国。2013年には、シリアの化学兵器廃棄の国際管理体制構築とシリアの化学兵器禁止条約加盟に尽力した。

化学攻撃が疑われる4日のハーン・シェイフン攻撃では、少なくとも89人が死亡。これを受けて米国は6日夜(シリア時間7日未明)、東地中海からシリア北西部のシリア空軍基地にトマホーク巡航ミサイル59発を発射した。

===

 

www.youtube.com 日本ニュース 2017/04/09 に公開

 

===

シリア情勢をめぐり、アメリカ、ホワイトハウスのマクマスター大統領補佐官は「ロシアはアサド政権をなぜ支持するのか自問自答すべきだ」と述べて、アサド政権との関係を見直すべきだという考えを示し、今週、ロシアを初めて訪問するティラーソン国務長官の対応が注目されます。

アメリカのトランプ政権は、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、対抗措置として、現地時間の7日、巡航ミサイル59発を発射し、アサド政権の空軍基地を攻撃しました。

アメリカのホワイトハウスで、安全保障を担当するマクマスター大統領補佐官は9日、FOXテレビに出演し、アサド政権の転覆を目指すのかどうか、質問されました。

この中でマクマスター補佐官は、シリアの内戦について、「政治的な解決策が求められている」と述べるとともに、アメリカのヘイリー国連大使がアサド政権を存続させることは難しいという見解を示していると指摘しました。

そして、シリアの政権に変化をもたらすのはアメリカではないとしたうえで、「ロシアは国民を大量に殺りくするアサド政権をなぜ支持するのか、自問自答すべきだ」と述べ、ロシアはアサド政権を支えてきたこれまでの関係を見直すべきだという考えを示しました。

一方、アメリカのティラーソン国務長官はこの日、まずはアサド政権を倒すことよりもシリアなどで活動を続けるISの排除を優先する考えを示していて、今週、初めて訪問するロシアでの対応が、注目されます。

===

 

【シリア攻撃】祝電でアサド氏との「共闘」確認した金正恩氏、化学兵器はソウルを照準 トランプが「一線を越えた」と判断する日は…(2/2ページ) - 産経ニュース より一部引用

 

===

【ソウル=桜井紀雄】トランプ米政権は、北朝鮮に対し、軍事攻撃も辞さない姿勢を見せてきた。今回のシリア軍基地への攻撃は、核・ミサイルだけでなく、化学兵器の開発にも邁進(まいしん)する金正恩キム・ジョンウン)政権に向け、この上ない強い警告となった。北朝鮮は公式の反応を示していないが、衝撃を受けたことは間違いないだろう。

 「シリアの正義の闘争に固い支持と連帯を表明する」金正恩朝鮮労働党委員長は6日、シリアの支配政党バース党創建70年に合わせ、アサド大統領にこう「共闘」を確認する祝電を送った。

 北朝鮮は1960年代のバース党政権発足以来、シリアと深い友好関係を維持してきた。中核をなすのが軍事交流で、シリア内戦でも北朝鮮の将校や部隊が派遣されていると何度も指摘されている。

 北朝鮮がミサイル関連部品をシリアに輸出しようとして国連に摘発もされたが、化学兵器の密輸疑惑も浮上している。2月の金正男(ジョンナム)氏殺害事件で神経剤VXが使われたことで、国際社会は、北朝鮮が推定2500~5千トンの化学兵器を貯蔵する「化学兵器大国」である現実に気付かされた。

===

 

<コメント>

 

ロシアはシリア政府の主要同盟国で、2013年にはシリアの化学兵器廃棄の国際管理体制構築とシリアの化学兵器禁止条約加盟に尽力したが、シリアが国際社会に約束した化学兵器の廃棄をロシアが十分に実施されたか管理監督しなかったことによって、今回の惨事がもたらされたという。

すなわち、ロシアは「シリアの備蓄化学兵器の備蓄廃棄について保証する」と合意していた。

 

肝心の化学兵器だが、これをシリアが独自で開発する力はないし、ロシアがこれに加担するとは考えにくい。

一方友好関係にある北朝鮮には、推定だが2500~5000トンの化学兵器が貯蔵されていると言われ、化学兵器大国となっている。

現実的に考えれば、北朝鮮の手を借りてシリアにある化学兵器は作られてきたと考えるのが自然であろう。

 

空母カール・ビンソンがオーストラリアに向かう予定を変更して、西太平洋に向かうことになったが、重要行事が北朝鮮で行われる時期なので、適切な判断であったと思う。

 

11日 北朝鮮 最高人民会議

15日 北朝鮮 太陽節(金日成主席誕生105周年)

25日 北朝鮮朝鮮人民軍創設記念日85周年)

 

さて、シリアだが亨進様はこの早急な空爆は問題だったと見解を話された。

われわれはこの言葉を重く受け取りつつも、取り戻すことができない過去ではなく

事態の推移に注目すべきであると考えている。

あることを善悪で判断することも重要ではあるが、一方では

そのことによって物事が前進するのか否かという視点も必要であろう。

条件の整備によっては、これを契機に自由世界に向かって各国が歩み出すことができよう。

シリアというミクロの観点では問題であったとしても

世界というマクロにとって、トランプ支持の前進につながって行くこともある。

我が国の安倍総理は早々にトランプに対する支持を表明した。

かっての総理は主要国家の発言を待って当たり障りがない言葉で濁したものである。

安倍総理は存在感を持っている。

また、各国の支持も表明された。

 

空爆時には大国ロシアのプーチンは眠っていて、部下は起こさなかった。

もう一つの習近平はトランプの土俵にいて、理解を示す形を取った。

その間隙にトランプは電光石火の空爆をした。

アメリカのマスコミはトランプは、トンデモ人間のように扱ってきた。

今回はトランプがクレバーな人間だと評価が上がったかもしれない。

すでにロシアではそういう人物評価が上がってきていると言う。

左翼的マスコミが捏造してきた、歪曲されたトランプ大統領のイメージの改善が

今回の出来事によって払拭されることを期待したい。

 

  


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。