読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

韓国大統領選挙60日戦争は アボジの御聖体を護る闘いである

たとえ 亨進様や国進様が諦められても

たとえ 神がもう諦めよと言われようとも

我々には諦めることができない理由がある。

 

限界状況のなかで善戦できたと

ミクロがマクロを動かせたと

喜ぶことがことができない理由がある。

 

真の父母を生んだ韓半島

アダム国家として歩んだ韓国

摂理を切り開いた多くの祝福家庭が証を立てた韓国

神を愛した韓国

勿論それはそうだが 

それ以上にいっそう思う

 

たとえ国が破れようが、

半島が沈もうが

民族が離散しようが

家族が奴隷となり

娘が売り飛ばされようが

 

そんなことは大したことじゃない。

俺たちには断固として護らなければならないものがある。

 

 

 

聖骸布と聖体

 

はるか二千年の時を超えて

探せよ 主を愛するキリスト教

御使いによって隠された聖体を

今もなお 知る人もない主の王廟を

 

御使いよ せめて彼らを案内してはくれまいか?

主を纏っていた聖骸布の休むところに

 

血塗られた布切れにさえ さほどの価値があるならば

再臨の主の御聖体は如何に?

だが 今やバビロンの淫婦に冷遇され

今にも金王朝に陵辱されようとしている

 

天に捧げる絶対心情よ せめて護ってはくれまいか?

サタンの魔の手が届かぬところに そっと

 

いや まだ条件にならない 神直接主管し得る絶対心情でなければ

怒涛の中を平安に歩み行く主よ!

拷問のさなかで 神を励まし み旨成就を誓う父よ!

あらゆる試練に全てを剥ぎ取られても残る 父子の因縁よ!

 

今こそ父に続き 証明の断頭台につく

忠臣か奸臣かは死んでみなければ分からない

死を超えて 尋ね求めよ!

御聖体は如何に護られ得るか?

さもなくば 未来の人々は言い続けるだろう

 

遥か二千年の時を越えて

探せよ 父を愛する統一信徒

御使いによって隠された聖体を

今もなお 知る人のない王廟を

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。