読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

朴槿恵大統領の罷免が決まった トランプ型人物!鄭奎載(チョン・ギュジェ)を擁立できないのか? 先制攻撃の可能性を日本も覚悟せよ

朴大統領が失職 韓国憲法裁、弾劾妥当と判断 (写真=AP) :日本経済新聞 より引用

===

【ソウル=山田健一】韓国の憲法裁判所は10日、国会が昨年12月に可決した朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追を妥当と認定し、大統領は即時失職した。大統領の罷免は同国の憲政史上初めて。これを受けて5月までに大統領選を実施し、新大統領を決める。当面は黄教安(ファン・ギョアン)首相が大統領代行を続けるが、韓国は外交や安全保障などで課題が山積しており、政情混迷が一段と深まりそうだ。

 憲法裁は本来、9人の憲法裁判官で構成されるが、1月31日に所長が任期満了で退任したため、今回は8人で審理。賛成した裁判官が弾劾認定に必要な6人を上回った。

 韓国の憲法は大統領が弾劾で罷免された場合、60日以内に大統領選を実施すると定めている。直近の世論調査では、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が、次期大統領を巡る支持率で他の候補を大きくリードしている。

 憲法裁は1月3日から2月末にかけて17回にわたる弁論を実施。弾劾訴追を巡る争点を(1)国民主権主義・法治主義違反(2)職権乱用(3)言論の自由の侵害(4)生命権保護義務違反(5)贈収賄など刑事法違反――の5点に整理した上で審理を重ねてきた。

 朴氏は1970年代の高度経済成長をけん引した朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の娘。父親と同じく経済成長を公約に掲げ、腐敗が相次いだ歴代政権とは違う清廉なイメージを売りにして、2013年に初の女性大統領に就いた。

 だが昨年10月に友人の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入を招いた疑惑が発覚。民間人に国家機密を含む大統領演説の草稿を渡したことなどが明るみに出て、朴氏の支持率は歴代最低の4%まで急落した。国会から弾劾訴追され、昨年12月9日から職務権限が停止されていた。

 約3カ月にわたった大統領の職務停止中、韓国が抱える懸案は一段と複雑になった。安保分野では北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返し、武力挑発の姿勢を強めている。

 同盟・関係国との連携が欠かせないなか、日本とは従軍慰安婦を象徴する少女像の問題で関係が再び悪化。在韓米軍のミサイル迎撃システム配備を巡り、中国とも関係が急速に冷え込んだ。トランプ米大統領との首脳会談も実現していない。

 国内では朴氏を支持する保守系団体関係者が、弾劾妥当の判断を下した判事の威嚇を予告している。国政混乱の解消とともに、国民の分裂回避も今後の課題になる。

===

 

この判決によって、保守勢力の巻き返しがまだまだ足りなかったことがわかった。

行動を起こすのが遅すぎた。

条件が足りなかった。

60日以内に大統領選が行われる。

大統領選挙の状況を見て、食口は判断しないといけない。

常にわれわれは6月を超える闘いをしてきた。

米韓軍事演習は3ヶ月に渡って行われている。

いずれも5月に事を終える。

 

それまでは、トランプ型人物を擁立して、基盤を築けるかどうかが勝負である。

ヤボク川の闘いが始まる。

負けているのに負けたという立場に立たない闘い。

徳俵が必ずある。

 

徳俵で踏ん張ってうっちゃって勝たなければ

6月に南進があるか、

さもなくばどこかが先制攻撃をかけるだろう。

 

韓鶴子オモニの反乱が、このような事態を招いた。

アボジより上手くやれると言ったが祖国を崩壊に導いた。

家庭連合どころか、韓国の存亡が危ぶまれている。

 

 ヤコブが21年間修道して、1日の願いを成し遂げるためにセイルの地、兄のいる故郷の山河を訪ねていくのですが、21年間、その1日を待ちわびていたのですから、神様は喜んで「行きなさい、行きなさい」と言うべきなので、天使を遣わしヤボク川で、「おい、この息子!」と闘いをさせたのです。ここで天使に負ければ、21年間の苦労が水の泡になるのです。それでヤコブがしがみつき、「勝つまでは離せない」と言ったのです。「腕が折れても離せない」と言ったのです。どんなに執念深いでしょうか。

(51−345.1971.12.5)

 

 イサクの手を通じて祝福してくださった神様、すべてを捨てて故郷に帰るように命じた神様が、ヤコブの行く道を案内し、平坦にしてやることができず、さらには、ヤボク川で夜を徹し、切ない思いで天に訴えるヤコブの勧告のみ言を下さるどころか、むしろ天使を遣わしてヤコブを打たせるという、こんな非情な環境を準備されたのです。

(3.335.1958.2.9)

天聖経 P128

 

ヤコブのような窮地に立ったときに、

あなたはどのような関係性を神とさらに強く結びたいと思いますか?

神もサタンもそれを見ています。

都合のいいときだけ神に感謝しますか?

アボジのように

不都合のときに一層感謝し、神を慰める者となりますか?

それを決めてください。

外的な現象は一切関係ありません。

私の内面が情況に左右されるようでは

神が臨在することができません。

私が問題だというのです。

 

今回の判決は、共産主義政権のお家芸のように全員一致でした。

いささかおかしいとは思いませんか?

保守系が5人や左翼系が2人中道が1人の構成でした。

それにもかかわらず、全員一致。

情治国家?

朴大統領はこれまで自身に絡む疑惑が弾劾の理由にはならないと主張してきた。

当たり前です。

ひとつも有罪が確定していないのですから、その審議を待ってそれから弾劾なら話は分かります。

韓国の歴史ドラマのように理由なく処分されたようなものです。

 

韓国の食口に草創期に兄弟の勇姿を見ました。

落胆はサタンの誘惑です。

大統領選に闘いは移行しました。

やるか、やらぬか、

だそれだけです。

 

うろたえるな!

アボジは言っておられる。 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。