読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

トランプの議会スピーチ 英語の動画と翻訳記事と日経記事の説明をどうぞ

トランプ大統領

www.youtube.com Michael McIntee より引用

Trump Addresses Congress- Full Speech

 

キャプションの見れるものが見つかりませんでした。

そのうち誰かが翻訳するでしょう。

 

ありました。

【全文】トランプ大統領、就任後初めての議会演説「偉大なアメリカの新たな幕開けが始まろうとしている」 - ログミーより引用

 

===

偉大なアメリカの新たな幕開けが始まる

ドナルド・トランプ ありがとうございます。登壇者のみなさん、副大統領、議員のみなさん、そして、アメリカ合衆国ファーストレディー。そして、アメリカ国民のみなさん。今晩は、黒人歴史月間の最後を締めくくる記念すべき日です。私たちは、市民権を獲得するまでに通ってきた道のりを忘れるべきではありません。そして、その道はまだ続いているということを忘れてはなりません。近年、ユダヤ人コミュニティセンターを標的とした脅迫や、ユダヤ人墓地の破壊が発生し、先週にはカンザス州での銃発砲事件が発生しました。政策についてはさまざまな意見が存在する国だとしても、たいへん醜いかたちで示される嫌悪や悪意に対しては、力を合わせて立ち向かう国であるということを忘れてはいけません。アメリカ国民が世代から世代へと受け継いできた真実・自由・そして正義の灯は、決して途切れることなく、大統領まで連綿と引き継がれてきました。その灯は、今私たちの手の中にあります。私たちはこの灯を使って世界を明るく照らし出します。私は、今晩、統一と強さというメッセージをお届けするためにここにいます。このメッセージは、私の心の奥底から沸き上がって来たものです。偉大なアメリカの新たな幕開けが、今始まろうとしています。新たな誇りが国全体に広がっています。楽観主義の新たな波が打ち寄せ、不可能と思われた夢を、私たちは確かにつかみ取ろうとしています。今日、私たちが目撃するのは、アメリカ精神の復活です。私たちの同盟国は、いま再びアメリカがリーダーシップを取ることを目にするでしょう。世界中の国々、友人も敵も、アメリカの強さを目にするでしょう。誇り高きアメリカ。自由なアメリカ。9年後、アメリカ合衆国は、創立250周年記念を迎えます。私たちが独立を宣言してから、250年です。世界の歴史において、偉大なマイルストーンの1つとなることでしょう。しかし、250周年に際してアメリカはどのようになるべきでしょうか? 私たちの子供たちに、どのような国を残したいと思いますか?過去数十年にわたり、私たちの将来の進路を決めてきたような失敗は決して許されません。すでに長すぎる間、中間階級の縮小、雇用の流出、富が海外に流れ出すのを見てきました。次々と世界規模のプロジェクトに資金を提供し、建築を行ってきました。しかし、私たちの子供たちの将来については、無視し続けてきました。シカゴ、ボルチモアデトロイト、その他、私たちの国の多くの場所において。私たちは、他人の国境を守ることに必死で、私たち自身の国境は広く明け渡してきました。誰もが国境を越え、そして、麻薬の流入は前代未聞の数字となっています。海外で何兆も何兆も費やす間、私たちの家の生活基盤は、めちゃくちゃに破壊されました。そして、2016年、地球は私たちの元にやってきました。始めの抵抗は、あらゆる色、人種の家族たちによって語られる静かな抗議でした。ただ、子供たちに公平に成功する機会を与えたい、公平に心配事を語る機会を与えてほしいと望みました。しかし、この静かな声は大きなコーラスとなり、大都市から小さな都市まで国全体にわたり、いまや何千もの市民が一丸となり声を上げるようになりました。ついには、コーラスは地響きとなり、数千万の人々が集まりました。彼らは一丸となり、ただ1つのシンプルで、もっとも重要な要求をしました。それは、アメリカは、自らの市民を最優先しなければいけない、ということです。このことだけが、本当の意味で、アメリカを再び偉大にすることができるのです!死にかけた産業は息を吹き返します。英雄である退役軍人たちは、喉から手が出るほど必要とされるケアを手に入れるでしょう。私たちの軍隊は、勇敢なる戦士たちにふさわしい物資を得ることでしょう。めちゃくちゃに破壊された生活基盤は、再建されます。新しい道路や橋、トンネル、空港、鉄道が建設され、私たちの美しい、美しい国土を輝き覆うでしょう。最悪な麻薬の感染はその速度を落とし、最後には潰えるでしょう。そして、これまで無視され続けた都心部は、希望、安全、そしてチャンスを再び甦らせます。そして、なによりも、私たちはアメリカ国民に対する約束を守ります。(会場拍手)

就任から1ヶ月の実績

私の就任式から約1ヶ月が経ちました。この機会に、みなさんに、これらの約束を遂行することでいかに発展してきたか、お伝えしたいと思います。選挙以来、フォード、フィアットクライスラーゼネラルモーターズ、スプリント、ソフトバンクロッキード、ウォルマート、その他多くの企業たちが、アメリカ国内において、何十億ドルもの投資を行うと発表しました。これによって、何千ものアメリカ国民の新たな雇用が生み出されます。株式市場は、11月8日の選挙日以降、3兆ドル近い値上がりを記録しました。たいへんにすばらしい新戦闘機、F-35の価格を引き下げることにより、納税者のみなさんの数百万ドルを削減することに成功しました。そして、政府全体の契約を見直すことで、もう数十億の削減ができるでしょう。軍関係以外の政府職員、不必要な政府職員の採用停止を実施します。私たちは、政府内にはびこる汚職のヘドロを掻き出し始めました。政府関係者によるロビー活動の5年間禁止。そして……。(会場拍手)ありがとうございます。そして、外国政府を代表するロビイストになることを生涯禁止します。雇用を破壊する規制を大規模に削減するため、歴史的な取り組みを行っています。規制撤廃に向けた特別チームをすべての政府機関に設置しました。そして、1つ新しい規制を設けると、2つ既存の規制を撤廃しなければいけない、という新しいルールを課します。私たちのすばらしい炭鉱労働者の将来や生活を脅かす規制は撤廃します。キーストーン・パイプライン及びダコタ・アクセス・パイプラインの建設について、すでに道筋をつけてきました。これによって、何千もの雇用を創出します。そしてアメリカの新パイプラインはアメリカの鉄を使用するべきであると、指示を出しました。私たちは、雇用を抹殺する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から撤退しました。ジャスティン・トルドー首相のご協力の元、私たちの隣人であるカナダとともに協議会を発足しました。女性起業家が、ビジネスを開始し、夢を実現するために必要となるネットワークや市場、資金に確実にアクセスできるようにするためです。私たちの市民を守るために、司法省に対して暴力犯罪を減らすための特別チームを設置するように指示しました。さらに、国土安全保障省、司法省そして国務省、国家情報長官が連携して、積極的な戦略策定を指示しました。私たちの国に麻薬を広める犯罪組織を撲滅するためです。私たちの国に対する麻薬の流入を止め、若い世代の汚染を止めます。そして麻薬の重度依存者に対しては手厚い治療を行います。同時に、私の内閣は、アメリカ国民からの嘆願を聞き入れ、移民法の施行と国境の安全強化を実施します。そして、移民法を施行することにより、賃金の上昇、失業者の救済、何十億ドルもの削減を行います。そして、私たちのコミュニティが誰にとっても安全であるようにします。

ドナルド・トランプ ありがとうございます。登壇者のみなさん、副大統領、議員のみなさん、そして、アメリカ合衆国ファーストレディー。そして、アメリカ国民のみなさん。今晩は、黒人歴史月間の最後を締めくくる記念すべき日です。私たちは、市民権を獲得するまでに通ってきた道のりを忘れるべきではありません。そして、その道はまだ続いているということを忘れてはなりません。近年、ユダヤ人コミュニティセンターを標的とした脅迫や、ユダヤ人墓地の破壊が発生し、先週にはカンザス州での銃発砲事件が発生しました。政策についてはさまざまな意見が存在する国だとしても、たいへん醜いかたちで示される嫌悪や悪意に対しては、力を合わせて立ち向かう国であるということを忘れてはいけません。アメリカ国民が世代から世代へと受け継いできた真実・自由・そして正義の灯は、決して途切れることなく、大統領まで連綿と引き継がれてきました。その灯は、今私たちの手の中にあります。私たちはこの灯を使って世界を明るく照らし出します。私は、今晩、統一と強さというメッセージをお届けするためにここにいます。このメッセージは、私の心の奥底から沸き上がって来たものです。偉大なアメリカの新たな幕開けが、今始まろうとしています。新たな誇りが国全体に広がっています。楽観主義の新たな波が打ち寄せ、不可能と思われた夢を、私たちは確かにつかみ取ろうとしています。今日、私たちが目撃するのは、アメリカ精神の復活です。私たちの同盟国は、いま再びアメリカがリーダーシップを取ることを目にするでしょう。世界中の国々、友人も敵も、アメリカの強さを目にするでしょう。誇り高きアメリカ。自由なアメリカ。9年後、アメリカ合衆国は、創立250周年記念を迎えます。私たちが独立を宣言してから、250年です。世界の歴史において、偉大なマイルストーンの1つとなることでしょう。しかし、250周年に際してアメリカはどのようになるべきでしょうか? 私たちの子供たちに、どのような国を残したいと思いますか?過去数十年にわたり、私たちの将来の進路を決めてきたような失敗は決して許されません。すでに長すぎる間、中間階級の縮小、雇用の流出、富が海外に流れ出すのを見てきました。次々と世界規模のプロジェクトに資金を提供し、建築を行ってきました。しかし、私たちの子供たちの将来については、無視し続けてきました。シカゴ、ボルチモアデトロイト、その他、私たちの国の多くの場所において。私たちは、他人の国境を守ることに必死で、私たち自身の国境は広く明け渡してきました。誰もが国境を越え、そして、麻薬の流入は前代未聞の数字となっています。海外で何兆も何兆も費やす間、私たちの家の生活基盤は、めちゃくちゃに破壊されました。そして、2016年、地球は私たちの元にやってきました。始めの抵抗は、あらゆる色、人種の家族たちによって語られる静かな抗議でした。ただ、子供たちに公平に成功する機会を与えたい、公平に心配事を語る機会を与えてほしいと望みました。しかし、この静かな声は大きなコーラスとなり、大都市から小さな都市まで国全体にわたり、いまや何千もの市民が一丸となり声を上げるようになりました。ついには、コーラスは地響きとなり、数千万の人々が集まりました。彼らは一丸となり、ただ1つのシンプルで、もっとも重要な要求をしました。それは、アメリカは、自らの市民を最優先しなければいけない、ということです。このことだけが、本当の意味で、アメリカを再び偉大にすることができるのです!死にかけた産業は息を吹き返します。英雄である退役軍人たちは、喉から手が出るほど必要とされるケアを手に入れるでしょう。私たちの軍隊は、勇敢なる戦士たちにふさわしい物資を得ることでしょう。めちゃくちゃに破壊された生活基盤は、再建されます。新しい道路や橋、トンネル、空港、鉄道が建設され、私たちの美しい、美しい国土を輝き覆うでしょう。最悪な麻薬の感染はその速度を落とし、最後には潰えるでしょう。そして、これまで無視され続けた都心部は、希望、安全、そしてチャンスを再び甦らせます。そして、なによりも、私たちはアメリカ国民に対する約束を守ります。(会場拍手)

就任から1ヶ月の実績

私の就任式から約1ヶ月が経ちました。この機会に、みなさんに、これらの約束を遂行することでいかに発展してきたか、お伝えしたいと思います。選挙以来、フォード、フィアットクライスラーゼネラルモーターズ、スプリント、ソフトバンクロッキード、ウォルマート、その他多くの企業たちが、アメリカ国内において、何十億ドルもの投資を行うと発表しました。これによって、何千ものアメリカ国民の新たな雇用が生み出されます。株式市場は、11月8日の選挙日以降、3兆ドル近い値上がりを記録しました。たいへんにすばらしい新戦闘機、F-35の価格を引き下げることにより、納税者のみなさんの数百万ドルを削減することに成功しました。そして、政府全体の契約を見直すことで、もう数十億の削減ができるでしょう。軍関係以外の政府職員、不必要な政府職員の採用停止を実施します。私たちは、政府内にはびこる汚職のヘドロを掻き出し始めました。政府関係者によるロビー活動の5年間禁止。そして……。(会場拍手)ありがとうございます。そして、外国政府を代表するロビイストになることを生涯禁止します。雇用を破壊する規制を大規模に削減するため、歴史的な取り組みを行っています。規制撤廃に向けた特別チームをすべての政府機関に設置しました。そして、1つ新しい規制を設けると、2つ既存の規制を撤廃しなければいけない、という新しいルールを課します。私たちのすばらしい炭鉱労働者の将来や生活を脅かす規制は撤廃します。キーストーン・パイプライン及びダコタ・アクセス・パイプラインの建設について、すでに道筋をつけてきました。これによって、何千もの雇用を創出します。そしてアメリカの新パイプラインはアメリカの鉄を使用するべきであると、指示を出しました。私たちは、雇用を抹殺する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から撤退しました。ジャスティン・トルドー首相のご協力の元、私たちの隣人であるカナダとともに協議会を発足しました。女性起業家が、ビジネスを開始し、夢を実現するために必要となるネットワークや市場、資金に確実にアクセスできるようにするためです。私たちの市民を守るために、司法省に対して暴力犯罪を減らすための特別チームを設置するように指示しました。さらに、国土安全保障省、司法省そして国務省、国家情報長官が連携して、積極的な戦略策定を指示しました。私たちの国に麻薬を広める犯罪組織を撲滅するためです。私たちの国に対する麻薬の流入を止め、若い世代の汚染を止めます。そして麻薬の重度依存者に対しては手厚い治療を行います。同時に、私の内閣は、アメリカ国民からの嘆願を聞き入れ、移民法の施行と国境の安全強化を実施します。そして、移民法を施行することにより、賃金の上昇、失業者の救済、何十億ドルもの削減を行います。そして、私たちのコミュニティが誰にとっても安全であるようにします。

イスラム過激派テロリストに対しては強硬な措置を取る

すべてのアメリカ国民に成功してほしいと考えています。しかし、この法の秩序なき混乱の環境においては、それは難しいでしょう。私たちは、国境における高潔さと法の秩序を取り戻さなければいけません。このために、南側国境において巨大な、巨大な壁の建設をすぐに開始します。今晩、みなさんにお伝えしたように、私たちのコミュニティを脅かし、罪のない市民を食いものにするギャングメンバー、麻薬の売人、犯罪者たちは、排斥されます。悪者は追い出されるのです。私がお伝えしたように、そして選挙を通じて約束してきた通り。この議会にいらっしゃるみなさんで、法律を施行するべきでないと考える方には、こうお聞きしたい。「もし、アメリカがこの法律を施行せず、国境を守ることもなければ、仕事を失い、収入を失い、愛する人を失ったアメリカの家族たちになんと申し上げるのですか?」。私たちの義務は、アメリカ合衆国の市民たちに奉仕し、保護し、防衛することです。また、私たちの国を守るため、イスラム過激派テロリストに対しては強硬な措置を取ります。司法省から提供されたデータによると、911以降、テロリズムテロリズムに関連する犯罪として有罪判決を受けた人々の大部分は、国外からやってきていました。私たちは、私たちの国土に対する襲撃をこの目で見ました。ボストンやサンバーナーディーノ、ペンタゴン、そしてもちろん、世界貿易センター。そして、フランスにおける襲撃、ベルリン、ドイツ、そして世界各地で襲撃が行われるのを目撃しました。適正な審査が機能していない場所から制限なく入国を許可するのは、もはや思いやりではなく、無謀です。アメリカ合衆国への入国という大きな栄誉を与えられた人々は、この国を支え、国民を愛し、その価値観を尊重するべきです。アメリカ国内へのテロリズムの上陸を許すわけにはいきません。私たちの国が、過激派の避難所となるわけにはいきません。だからこそ、私の内閣は審査手続きの施行に取り組んできました。そして、私たちの国を守るため、私たちに害をなすものを排除するために、新たな一歩をもうすぐ踏み出します。公約の通り、国防省に対して、ISISを破壊、解体するための計画策定を指示しました。ISISは、イスラム教徒、キリスト教徒、あらゆる信仰や信念を持つ男性、女性、子供たちを虐殺する野蛮なネットワークです。私たちの同盟国、イスラム世界の友人や同盟国を含め、連携してこの卑劣な敵を私たちの地球から消し去ります。また、イランのミサイル開発を支援するあらゆる企業、個人に対しては、新たな制裁を加えます。そして、イスラエル国との決して壊れることのない同盟を再確認します。最後に、私は約束を守り、アメリカ合衆国最高裁判所の判事の指名について、憲法を守る20名のリストから指名します。私は今晩、このギャラリーにマリーン・スカリアを迎え入れることができ非常に名誉に思います。マリーン、ありがとう。彼女のすばらしい夫、アントニン・スカリアは永遠にアメリカの正義のシンボルであり続けるでしょう。彼の席を埋め合わせるために、私はネイル・ゴーシッチ判事を選出しました。彼は信じられないスキルと法へ深い献身を捧げている人物です。彼は合衆国控訴裁判所において満場一致で承認され、彼の任命における迅速な許可を上院議員に求めています。

 

 

参考までに以下のサイトから税制改革などの要旨を知ることができます。

トランプ米大統領「歴史的な税制改革」 議会演説 (写真=AP) :日本経済新聞

より引用

===

 【ワシントン=平野麻理子】トランプ米大統領は28日夜(日本時間3月1日午前)、米議会上下両院合同本会議で初めての演説に臨んだ。米国内の雇用拡大や経済成長の実現に向け、議会に協力を求める考え。法人税率を下げる歴史的な税制改革を進める」と強調するほか、国防費支出を大幅に拡大し、医療保険制度改革にも取り組む方針を示す。

 

演台に立つトランプ米大統領(2月28日、ワシントン)=AP
画像の拡大

演台に立つトランプ米大統領(2月28日、ワシントン)=AP

 トランプ政権は約30年ぶりとなる税制改革に乗り出す。公約では35%の連邦法人税率を15%に下げ、1兆ドル(約112兆円)規模のインフラ投資とともに米経済成長率を4%に高めるとしてきた。「親ビジネス」の税制改革を通じて、米企業の国外流出を防ぎ、米国民の雇用を創出するねらいがある。

 演説では「米経済を再起動する」と語り、そのために「中間層への巨額減税を提供する」一般市民向けの減税にも取り組む考えを表明する。

 「米軍の再構築」のため国防費を増額する方針も表明する。トランプ氏はすでに国防費を540億ドル(約6兆円)増額する一方、非国防費は同じだけ削減する方針を表明済み。オバマ前政権は国防予算を縮小してきたが、トランプ氏は軍事面で台頭する中国やロシアなどに国防費増額で対抗する。核戦力の拡大や艦船・潜水艦の増強などにあてられる可能性がある。

 トランプ氏は28日朝に放送されたFOXニュースのインタビューで、選挙戦中からの看板政策であるメキシコ国境での壁建設についても言及すると述べた。国防費を捻出するため、国務省や米環境保護局(EPA)の予算は削減する見通し。

 シリアやイランなどイスラム圏7カ国からの入国を禁止した大統領令は裁判所に差し止められているが、トランプ氏が新たな入国制限策に言及するかも注目される。テロとの戦いでは、国防総省に過激派組織「イスラム国(IS)」撲滅の計画策定を命じたことをアピールする。

 社会保障制度では、オバマケア(医療保険制度改革)を「崩壊している」と指摘し、撤廃方針を改めて打ち出す。27日には米大手医療保険会社の幹部と面会し「(オバマケアの代替案は)特別なものになる。コストは下がり、医療は改善する」などと説明した。

 一方、トランプ氏はメディケア(高齢者向け医療保険)やそのほかの社会保障制度の改革には踏み込まない考えだ。財政赤字削減へメディケアの費用抑制を訴えてきた共和党主流派の考え方とは距離を置くことになる。

 昨年11月の大統領選で勝利して以降、トランプ氏が打ち出す減税や規制緩和などの経済政策への期待感から、米では株高や通貨高が進行してきた。ダウ工業株30種平均は27日まで12営業日連続で過去最高値を更新した。演説の内容を受けて「トランプ相場」が今後続くかどうかも注目される。

===

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。