読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

中国が対馬の方に爆撃機を飛ばしたようだが

 

爆撃機6機など中国軍機が無断侵入 日韓30機がスクランブル | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトより引用

===

(c) 防衛省

<9日、中国の軍用機約8機が東シナ海から日本海へと向かうルートを往復し、日本と韓国の防衛識別圏に侵入。日本の航空自衛隊と韓国空軍がそれぞれスクランブルをかけて警告した>

 9日午前、日本の防衛識別圏に侵入した中国の軍用機はその前後に韓国の防衛識別圏にも侵入、両国が戦闘機合わせて30機をスクランブル=緊急発進させ、警告していたことが明らかになった。YTNなど韓国メディアによると、爆撃機6機を含めた中国軍用機約10機が日本海まで北上し、航空自衛隊20機、韓国空軍がF-15KとKF-16戦闘機計10機を出撃させ、緊迫する状況が起きた。

 9日午前10時、韓国の済州島南方にある離於島(イオド)付近で、中国軍用機10機が韓国側の防空識別区域を侵犯した。この離於島はもともと韓中が管轄権を争う場所だ。中国軍機はその後、H6爆撃機6機、Y8早期警戒機1機、Y9情報収集機1機の計8機が日本側の防空識別区域に抜け、対馬海峡経由で日本海を北東に進み、その後反転して、同じ飛行ルートを通って東シナ海の中国領空に戻ったという。対馬海峡付近では過去にも中国の軍用機が東シナ海から日本海へのルートを往復したことが確認されているが、爆撃機が6機も編隊飛行をしたのは初めてのことだ。

scrumble.jpg

中国軍機の飛行ルートYTNニュースを元に作成

 

 防空識別圏は自国の領空に接近する軍用機を早期に識別するため設定する境界線で、領空とは異なり、国際法でも管轄権を認められていないため、他国に退去など強要することはできない。韓国と中国、日本がそれぞれ設定する防空識別圏は、離於島をはじめとする一部エリアで重なっており、今回中国軍機が侵入した離於島も3カ国の防衛識別圏が重なる場所だった。こうした場所を飛行する際には、通常相手国に対して事前に通知することになっているが、9日の中国軍機はそれをしなかったという。

===

 

www.youtube.com kei2601 より引用 2009/10/03 にアップロード

 

航空自衛隊 F15 訓練ドッグファイト 航空自衛隊HPより

https://ja-jp.facebook.com/permalink.php?story_fbid=179077525601636&id=100004981686855&substory_index=0 より引用

 

 

www.youtube.com  SI RYU より引用

台南航空隊戦記/坂井三郎の戦い

 

www.youtube.com SI RYU より引用

激闘 珊瑚海海戦/岩本徹三空戦録

 

日本人は平和を愛する国民である。

だが、ひとたび我が国を攻略しようとする国が攻めてくれば

大きな痛手を残すであろう。

我が国はサムライの国である。

北朝鮮の潜水艦を見失ったという報道がだいぶ前にあったことがある。

海だって同じことだ。日本の潜水艦は忍者だ。

ディーゼルをなめるなよ。

音がしないのだ。

だから、オーストラリアはほしがっている。

以下のサイトに日米合同演習の模様がいくらか書かれているようだ。

北朝鮮や中国の脅威を自衛隊が阻止すべく日々訓練をしている。

 

===

 

岩下 信也 - 「米軍が度肝を抜かれた自衛隊のエピソード」... | Facebookより引用

岩下 信也

「米軍が度肝を抜かれた自衛隊のエピソード」

 

・ある合同演習後、アメリカの誇るトップガン出身のエリートが口をそろえて

航空自衛隊とだけは戦りたくない」と明言したそうです。

エリートのプライドを打ち砕かれたか、再教育志願者が続出したとのことです。

 

・海軍のパイロットが「空自はすぐにキルコールしてくる。あんなところにかなう空軍なんているのか。」と言った。※キルコール=撃墜許可申請

 

・実弾射撃演習のためにアメリカ派遣された陸上自衛隊砲兵部隊の、ばかばかしいほどの命中率のために米軍が呆れ果て、「超エリートを集めた特殊部隊をつくっても意味がない」本気で忠告してきた。

そのとき陸上自衛隊「通常編成ですけど・・・。」演習を見学していた第二次世界大戦ベトナム戦争の生き残りの退役将校が「彼らがいればベトコンを一掃できた。犠牲も少なかっただろう」と泣いたという。

 

・米軍が発射したトマホークの迎撃訓練で、数十発をすべて撃墜した。

ムキになった後半は超低空・対地誘導など隠蔽技術を活用したが、この結果だった。

 

イージス艦について「システムの反応が遅いから手動にできませんか」と言った海上自衛隊員がいる。

 

・日米の特殊部隊の合同演習。米軍特殊部隊は、アクション映画さながらに騎兵隊が大声をあげながら突っ込み。ドアを蹴り破り、テーブルをひっくり返し作戦遂行。 一方自衛隊はというと、無言のまま隊長のハンドサインに従って音もたてずに侵入し、静かに制圧していく。その様子をみた米軍関係者からは「ニンジャ」と呼ばれた。

 

イラクサマーワ基地の自衛隊が設営したテント群は杭の位置や紐の角度まで、すべて寸分違わぬように統一されており、端から見ればロープは全て重なる状態だった。これを見た各国の高級士官は、さすが日本の軍隊は士気が高いと絶賛した。

 

・救難のメディックは高山病にかかった女子高生2人を同時に抱えて下山通常なれた人でも4時間はかかるルートをたった1時間で走破する。

 

海上自衛隊が米海軍との合同演習での模擬戦(その1)


米海軍「日本の自衛隊なんぞ楽勝。ま、一応自衛隊の潜水艦は実戦レベルで探すけどね」
海自「…ポチっとな」
海自の潜水艦からのピンガーで米海軍の駆逐艦は撃沈判定。
海自の潜水艦は遥か遠くからエンジンを停止して、海流の流れだけで
アメリカの駆逐艦の真下に到達。
面子を潰された米海軍が本気で潜水艦を追尾するが悠々離脱する。

 

海上自衛隊が米海軍との合同演習での模擬戦(その2)


米海軍「前回はちょっと油断してパニくっただけだ。最初から全開で行くぞ!!(妙に気合が入ってる)」
海自「・・・(無音潜航中)」
米海軍「なかなかやるな。さすが、駆逐艦沈めただけはある。気を締めろよ。」
海自「・・・(無音潜航中)」
米海軍「・・・おい、マジでいないぞ。もしかして事故でも起こしたのか?マジで探せ!やばいぞ!!」
海自「・・・(なかなか見つけてくれないな。もしかして何かトラブルでも起きた?)」
あんまり発見してくれないのでたまらず海自潜水艦が空母の真横に浮上。
海自「・・・あの~何かトラブルでもあったんですか?」
米海軍「無事だったか。・・・って言うか演習中に勝手に浮上するな!」

・不発弾とかの除去作業(信管を抜くやつ)は特殊部隊以外では世界でも自衛隊でしかやってないという。失敗したことはない。

・イギリス国防省管轄の軍事専門のシンクタンクは「自衛隊は強い」と毎年発表している。

 

 

===

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。