読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

トランプの主席戦略官バノンの世界観とトランプの大統領令、文鮮明恵師の国家の寿命70年説

トランプ大統領

特集:ドナルド・トランプ政権研究序説 (1/2) から一部を以下に引用する。

 

===

○トランプ政権による大統領令

f:id:divineprinciple:20170212014712p:plain

政権内のスタッフを、以下のように3分類することができる。①共和党チーム」は主要なポストを押さえ、トランプ政権をなるべく共和党本来の路線に近づけたいと考えている。②ところが選挙戦を導いた「ポピュリストチーム」は、大統領からの強い信頼を武器に、選挙期間中の過激な公約の実現を目指そうとしている。③NSC国家安全保障会議)担当のマイケル・フリン補佐官は、独自の勢力を築こうと努めている。

1. 共和党チーム:ペンス副大統領、プリーバス首席補佐官、スパイサー報道官
2. ポピュリストチーム:バノン首席戦略官、コンウェイ顧問
3. 安全保障チーム:フリンNSC補佐官

 

トランプ氏のツイッターを遡って読んでいくと、12月には8つの州で”Thank You Tour”と称する遊説旅行を行っている。オハイオ(12/1)、ノースカロライナ(12/7)、アイオワ(12/8)、ミシガン(12/9)、ウィスコンシン(12/13)、ペンシルベニア(12/15)、フロリダ(12/16)、アラバマ(12/17)と、いずれも共和党が制した激戦州ばかりである2。どこへ行っても盛大な歓迎を受けた。トランプ氏はおそらくこの時期に、「自分を支持してくれた人々のための政治をやる」という覚悟を固めたのではないか。

 

バノンは組合員労働者の家庭に生まれ、ハーバード大学を出て海軍に進み、ゴールドマンサックスを経て「エスタブリッシュメント」に成り上がった。映画ビジネスで活躍し、保守派サイト「ブライトバードニュース」を立ち上げた、という不思議な経歴の持ち主である。米国保守主義思想に詳しい会田弘継・青山学院大学教授は、新潮ウェブフォーサイト「国際論壇レビュー」で「トランプの『黒幕』バノンの世界観」について詳しく述べている5。その結論部分を抜き出すと以下のようになる。

(1)グローバル資本主義への不信と一種の階級闘争史観
(2)グローバル化現象の中での国家主権回復への強いこだわり
(3)制度腐敗と戦争前夜を強く意識するキリスト教終末論に近い時代認識と文明衝突観

 

 ===

さて、引用は以上だが

バノンの世界観は、たとえば以下のように再解釈されるべきものかと思う。

 

(1)については、

一種の階級闘争史観 ⇒ 主管性転倒を元かえす為の主管性復帰のための善悪闘争

であり、政府が国民を管理する奴隷制度から政府が国民に仕え奉仕する主客の転換

(2)については、

経済を中心に国家を越えて世界レベルで国家を従属しつつある勢力から、本来の国家主権を取り戻すということが、目立つ表層的特徴だが、先行して展開した悪の世界秩序は崩壊に向かい、本然の一つの世界である天一国が地上に現れることが本質的趨勢である。

(3)については、

キリスト教終末論 ⇒ 再臨主による千年王国の到来を意味する

 

そこで、思い出さなければならないのが、

ソ連の崩壊を予言し宣言した文鮮明恵師の「歴史の数理性」であろう。

 

<国家の寿命70年説>
国家の繁栄は70年を超えることができない
 
ソ連の建国 1922年12月30日
70年後が 1992年12月30日
 
ソ連崩壊>

1991年12月ソビエト連邦共産党解散を受けた各連邦構成共和国の主権国家として独立
1992年12月25日ソビエト連邦ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフが辞任

70年満期の一年前に決定的出来事が発生して、70年目に完結を象徴する出来事が起こった。
これは、アジアでも同様な情勢が起きる可能性があることを示唆している。
 
<アジアの共産主義国家の寿命>
北朝鮮の建国 1948年9月9日→寿命は2018年9月9日を超えられない

中国は1949年10月1日→寿命は2019年10月1日を超えられない
 
アジアの共産主義体制の国家にはあとわずかな寿命が残っているのみとなる。
今年と来年と再来年が、これらの国家の最後の発悪の時期であり、
この混乱の時期を超えれば、新たな内容、新たな体制の国家に変貌していくものと
考えられる。
 
このような国際情勢を念頭に置くなら、
これからの3年間で特に極東に歴史的大変化が起こる可能性がある。
そこで、国家には様々な現在の問題や今後の課題が山積してはいるが、
最優先かつ最重要な案件は国家の存亡にかかわる安全保障とならなければならない。
 
国防力に限らず、政治であれ、経済であれ、文化交流であれ、
常にわれわれ日本国民が情勢判断の軸として、安全保障から物事を見ていかなければならない。
 
さて、トランプ大統領が試んでいる大統領令もキリスト教終末論的な様相に見えるのも既成の問題を抱えた体制の破壊と新たな国づくりへの果敢な挑戦という特徴があるからであろう。
まるでウォークマンにしがみついてipadにやられたソニーみたいに
抵抗勢力は目に映る。
誰もがお題目では唱えても、本気では挑戦しなかったイノベーション
トランプは大真面目で進めているのだ。
パラダイムシフトが起こりつつあるので、当分は混乱期が続くかもしれない。
あなたはイノベーションの波に乗る側か?
それとも、イノベーションのジレンマの波間に漂う側か?
それぞれ自由と責任において選択するしかない。
 
もうひとつ付け加えるならば、
韓国はトランプ型の中心人物が誰かをはっきり見定め、
支援しなければ、現在の中国に丸呑みされている経済関係の中
共産化されていくしかない。
現在の情勢判断で最も重要なことは、
中心人物が誰であるかであり、
共産主義勢力が国民と一体化を企んでいる時に
仁川上陸作戦によって、敵の勢力を分断し、後方支援を断ったように
天の人を中心人物として立てることが、左翼の意図を打つ現在の仁川上陸作戦であろう。
 
 
 
 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。

 

 トランプについては以下のサイトで色々説明がある。関心がある方は訪問されたら良いかと。

トランプ大統領