読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

韓鶴子オモニは堕落したエバ

家庭連合は以下のように主張しています。

2012年1月19日の「宣布式」の真相 ―「真のお母様は堕落した」という批判に対する応答~真のお父様の御言:「お母様に対する心配はする必要がないのです」~ | 真の父母様宣布文サイト

サンクチュアリ教会側の人は、2012年1月19日の訓読会で、「真のお父様は、真のお母様を否定され、『皆、お母様と一団となって違う道を行っている』、『お母様が“私の言葉を聞きなさい”とするのは、ルーシェルよりももっと恐ろしい存在だ』『私は今独りだ、息子も娘もいない』」と語られた。お母様は、お父様と『最終一体』になっているとは言いがたい」などと述べ、お母様を批判しています。

それに対してお父様のみ言葉を引用します。

 

中国と(旧)ソ連が、これから問題です。それを一つにするのは、お前たちがしなければなりません。分かりましたか。お前たちが果たすべき責任ですが、お前たちができないので、このような条件をすることによって、霊界が代わりに、このような式をしてあげることによって、お母様が前に立つようになれば、全部、従って、お母様がするとおりについていけば簡単なのです。私、お父さんの心配、今やお母様に対する心配はする必要がないのです。……さあ、天地に、この日を期して、完全に統一、一体圏を、真の父母と共に、子女たちと共に、全世界が一つになって成立した条件をお祝いいたします。ありがとうございます。敬拝。拍手。真の父母の名前で、聖婚、完結完成、解放圏が勝利の条件を立てて、自由に、天に飛んでいきなさい!アーヂュ!」

 そして、この文章を根拠にしてこのように結論付けました。

 

この宣布式は、まずお母様を先頭に立てて、その後ろに石俊淏氏、尹晶老氏、黄善祚氏、金孝律氏の4人を立たせて行われ【写真2】、その後、お父様の横にお母様が立たれ、4人の向きを変えて行われました【写真1】。

この宣布は、その当時、國進様、亨進様を中心とする教会体制が、お父様の願いに一致することができず動いていることをお父様がお知りになり、その問題に対して、お母様を中心とする道理、原理原則を再確立するために厳しく叱責して収拾されたものです。

 

f:id:divineprinciple:20161212171245p:plain

写真1

 

f:id:divineprinciple:20161212171335p:plain

写真2

 

お父様は、このみ言葉で中国とソ連の問題について語っているようにしか

受け取ることができません。

國進様と亨進様に対してではなく、

「お前たち」=石俊淏氏、尹晶老氏、黄善祚氏、金孝律氏の4人

に向けて語っているのは明らかです。

「國進様、亨進様を中心とする教会体制が、お父様の願いに一致することができず動いていることをお父様がお知りになり、その問題に対して、お母様を中心とする道理、原理原則を再確立するために厳しく叱責して収拾されたもの」

ではないことはこの文章では明らかです。

もしその様な意図でしたら、お父様は國進様と亨進様をここに呼んで、並ばせたでしょう。

 

支離滅裂!

これが家庭連合の現状です。

 

 

「中国と(旧)ソ連が、これから問題です。それを一つにするのは、お前たちがしなければなりません。分かりましたか。お前たちが果たすべき責任ですが、お前たちができないので、このような条件をすることによって、霊界が代わりに、このような式をしてあげることによって、お母様が前に立つようになれば、全部、従って、お母様がするとおりについていけば簡単なのです。」

 

家庭連合の批判が続きます。

 

さて、2012年1月19日の叱責から2日後の1月21日(真の神の日の2日前)の訓読会でも、お父様は同じような御言の流れの中で、当時の韓国会長であった石俊淏氏を前に立たせて、次のように御言を語られ【写真5】、叱責しておられます。

 

 「國進、亨進が責任者ではありません。彼らも私が分からないようになせば引っかかるのです。(石俊淏氏に対して)行きなさい。お前たちが分からないと思ってしても、皆、分かっています。私の後ろには報告する人がいるのです。それが誰か。エデンの園で堕落する前に『善悪の実を取って食べたら死ぬだろう』といった、その方です」

 

最終責任者はお父様であることを強調されているものと思います。

お前たちの問題を指摘しています。

 

 

 しかしながら、2012年1月24日(天暦1月2日)の「統一教天福パレード」後に行われた「天福式」においては、お父様の叱責は“頂点”に達せられ、次のように御言を語っておられます。

 

「父が始めねばなりません。……天地人真の父母が中心であり、今回のすべての行事は真の父母から始まるのであって、お前たちがしたらひっくり返って混乱するのです」
「先生の息子娘は十四人の息子娘がいますが、皆、似ています。手も似ているし、髪の毛も似ているし、性格も似ています。誰の言葉も聞きません。どれほど頑固か。聖進が代表であり、國進が代表であり、その次には亨進が代表で、その息子娘も代表です

 

まず、今回のすべての行事について語られていることがわかります。

お前たちが誰を指しているのか不明です。

続く文章で重要なことは、

「聖進が代表であり、國進が代表であり、その次には亨進が代表で、その息子娘も代表です」

 

お父様が誰かを注意したり叱責されること自体よりも、その後重要な責任分担をはく奪されたか否かの方に注目すべきです。

依然として、亨進様は世界会長でした。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真の神の日の零時の祈祷会 | 世界平和統一家庭連合 公式サイトより

天基3年、天暦1月1日(陽暦1月23日)、韓国・清平の天宙清平修錬苑の大聖殿において、第45回真の神の日の零時の祈祷会が行われました。

 

 文鮮明師ご夫妻は零時の祈祷をされた後、年頭の標語として「天地人真の父母勝利解放完成時代」と揮毫されました。

 

 祈祷会には文亨進世界会長、文國進理事長をはじめ、文誉進様、文恩進様、文善進様が同席されました

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、家庭連合は、「真の母」を通じてこそ「真の父」に連結するという原則」ということを強調されますが、またお母様のすばらしさはお父様に対してどこまでも従順に従っていかれるところ」とも言いますが

それはお母様がお父様と心情一体であればという条件が存在します。

 

天一国の心情の核心の一つは天一国国家に真のお父様が込められた心情です。

元々の歌詞は「再臨主であるお父様」への讃歌であります。

ところが、韓鶴子オモニは「独生女讃歌」に変更しました。

 

「気高き純白の 清きユリ」

「気高き純白の 清きユリ」

「真白き妙なる 鶴が舞う」

 

これらはお父様ではなく、韓鶴子オモニを比喩したものです。

4番目になってやっと、「天地父母様」という言葉が申し訳なさそうに顔を出します。

独生女神学によってつくられているのです。

 

韓鶴子オモニは神様に千秋万代にわたって消えることのない痛みを与えてしまったのです。

神様とお父様の心情を蹂躙されました。

そのような方を支えれば、徳野会長とともにどこに行くというのでしょうか?

お父様の歌詞とお母様がひっくり返した歌詞を比べてください。

あとは、あなたの良心にお任せいたしましょう。

 

この「真の母」を通じてこそ「真の父」に連結するという原則があるため、お母様のもとの子女様がお父様の意向にそぐわないという〝子女に関する問題〟が起こったとき、お父様は子女の代わりに「真の母」を叱責して問題を収拾していかれるのが原理原則であることを知らなければなりません。
 そうして、聖霊の実体であられる「真の母」が、私たち子女の不足を天の前に執りなししてくださるのです(ロマ8・26~28)。
 お母様のすばらしさは、このようにして、お父様がお母様を身代わりに叱責されても、そのことについて一言も弁明なさらず、お父様に対してどこまでも従順に従っていかれるところなのです。

 

天一国国歌-栄光の賜物 | サンクチュアリ NEWS より引用

 

1,                      (韓国語歌詞)
저 멀리 비춰주는 영광의 광채   あの遥か遠くまで照らしてくれる栄光の光彩
힘차게 소생하라 자유의 생령    力強く蘇生せよ自由の生霊
이 강산 저 골까지 깨어 일어나   この山河からあの谷まで目覚め起き
소생의 그 광채를 길이 빛내리    蘇生のその光彩を永遠に輝かせん
소생의 그 광채를 길이 빛내리

2,
불러서 찾으려는 영광의 존재    呼びて探し求める栄光の存在
위대한 그 모습은 천주를 품고   偉大なその姿は天宙を抱き
깨어난 그 생령이 어디 있는가   目覚めた生霊がどこにいるかと
찾으시는 그 모습을 어이 모시리  捜し求められるその姿にいかに侍らん
찾으시는 그 모습을 어이 모시리

3,
사망에서 깨어난 내 한 존재가   死亡から目覚めた私という一つの存在が
깨워준 그 자체에 품겨 안길 때  目覚めさせてくださったその方に抱かれる時
영원한 그 사랑과 위로의 소리   永遠のその方の愛と慰労の声を
길이길이 즐기며 영광 누리라    永遠に喜び栄光を享受せん
길이길이 즐기며 영광 누리라

4,
영광에 안긴 것도 그의 은사요   栄光に抱かれるのもその方の恩賜であり
사랑에 취케함도 그의 은사니    愛に酔うのもその方の恩賜なのだから
높이고 또 높여서 갚으려하나    高めまた高めて報いようとするが
부족함의 이 마음 어이 금하리   不足に思うこの心をいかに抑えん
부족함의 이 마음 어이 금하리

(日本語歌詞)
1.                    2.
はるかに輝く栄えの光           呼びて求むる栄えの主よ
強く生きよ自由の生命(いのち)       大いなる姿は 天地(あまち)を抱き
この地の果てまで目覚め立て        「蘇(い)きた生命はいずこに」と
生命の光 永久(とわ)にあり        尋(たず)ぬる君を如何(いか)に迎えん
生命の光 永久にあれ            尋ぬる君を如何に迎えん

3.                    4.
死から蘇きたこの我(われ)は        栄えに入るのも主の恵み
蘇かしたお方に抱(いだ)かれて       愛に満つるも主の恵み
永久(とわ)の愛と恵みの声         崇め崇めて奉(まつ)れども
いついつまでも喜びを           足らぬこの身を如何にせん
いついつまでも讃(ほ)めまつれ       足らぬこの身を如何にせん

 

1. 麗しき花よ 愛のバラ    

望みの訪れ 満ち溢る    

全世界あまねく こぞりて祝え  

尽きぬ喜び 輝かさん  自由の天一

 

2. 気高き純白の 清きユリ  

まばゆき心は とこしえに  

全世界あまねく こぞりて祝え  

尽きぬ喜び 輝かさん 平和の天一

 

3. 真白き妙なる 鶴が舞う

永久に果てなき エデンのごと

全世界あまねく こぞりて祝え  

尽きぬ喜び 輝かさん  統一の天一

 

4. 高くはためく 天つ御旗  

天地父母様の 願う理想

全世界あまねく こぞりて祝え

尽きぬ喜び 輝かさん 幸福の天一

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。