読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

お墓の移動について少し

お父様のお墓が移されたらしいということで、

実際に清平に事実確認をしに行った人がいたといいます。

それで、そこまでするとは見上げた食口だと思いました。

その話を聞きながら思ったんですよ。

イエス様が復活されたとき最初に会った女たちのことを。

お父様を愛する心がね。

こんな重要なことが起こっているのに、ここにじっとしてなんかいられるものか。

何が何でもこの目で事実を確かめないわけにはいかない。

韓国の清平まで行って現地でしかと見てやるのだ。

まあ、例えばこういう心情だったのではないでしょうか?

 

ブログを書いた日はたまたま頭痛がひどくて、裏をとれずにアップしたんですが、

すぐに韓国ではまったく話題になっていないことを知りました。

それどころか、ネット上でも韓国では話題になっていないようです。

 

まあそのうちわかるでしょうけれど、

それにしても、その話が事実かもしれないとして

清平まで確かめに行く食口は何人ぐらいいるのでしょうか?

わたしは行かないでしょうし、同じような食口が多いのではないでしょうか?

実際行動を起こすこの方は、なかなか興味深いお人ですな。

おそらく本当にお父様を愛しておられるのでしょう。

そこで、文章に書くことにしました。

 

お騒がせしたのでとりあえずご報告いたしました。

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。