読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

ペンシルバニア州 フィラデルフィアにある自由の鐘

www.youtube.com

フィラデルフィアは、ウィキペディアによると

 フィラデルフィア - Wikipedia

1682年クエーカー教徒のウィリアム・ペンが同志とアメリカに渡来、この地に居住区を建設したのが市の起源。ペンはこの地を古代ギリシア語で「兄弟愛の市」を意味する(Φιλαδέλφεια、フィロス=愛、アデルフォス=兄弟、ア=都市名につく語尾形)「フィラデルフィア」と命名した。こうして、フィラデルフィアペンシルベニア植民地の首都として成立した。

18世紀に入り、フィラデルフィアは交易の要地となり、目覚ましい発展を遂げる。当初は生活基盤は貧弱であったが、ベンジャミン・フランクリンの尽力によって大きく改善されることとなる。1750年代までには、フィラデルフィアボストンを上回る北米最大の都市となり、イギリスの領土内でもロンドンに次ぐ第二位の都市だった(1835年までにニューヨークフィラデルフィアを上回ることになる)。このためアメリカ合衆国の独立期には、この地はアメリカ合衆国建国の父とのちに呼ばれる人たちの集う中心地となった。独立戦争時、州議事堂(現独立記念館)で大陸会議独立宣言の起草が行われた。また1790年に合衆国の首都がニューヨーク市からフィラデルフィアに移ってくると、新都ワシントン特別区の建設が一段落する1800年までの10年間合衆国連邦政府の首都であった。

 

 

トランプは若き日にペンシルバニア大学のウォートンスクールで学んでいる。

ここは、白人以外のヒスパニック系などが40%ほど占め、男女ほぼ半々の比率で在籍しているという。

 

そのトランプが、選挙の数日前に訪れたのが、国進様が理事をされている大学で、スクランクトンにあるラッカワ-ナ大学に選挙遊説で来たわけである。

亨進様達がおられるところから30キロほどのところでした。

 

ペンシルバニア州の方はこのように紹介されている。

 ペンシルベニア州 - Wikipedia

ペンシルベニア州: Commonwealth of Pennsylvania聞くi[ˌpɛnsɨlˈvnjə])は、アメリカ合衆国北東部、また大西洋岸中部に分類されるである。五大湖地方に含められることもある。「礎石の州」(: Keystone State)とも呼ばれる。日本語ではペンシルヴェニア州、ペンシルバニア州、あるいはペンシルヴァニア州と表記される場合もある。ペンシルベニア州は、州(“State”)の代わりにコモンウェルス(“Commonwealth”)を用いる4つの州の1つである。ただし、日本語ではどちらも「州」と訳されている。なお、地質時代の区分の一つであるペンシルベニア紀石炭紀の一部)は、ペンシルベニア州にちなんで付けられた名前である。名前の後半「シルベニア」はラテン語の森から取ったものであり、実際に自然が豊富である。

 

この州は自由と独立の象徴的な州なのだ。

http://h2fanclub.blogspot.jp/2016/11/blog-post_12.htmlより

2年前に国進兄さんと私達が食口の皆さんに言ってたように、米国に2番目の革命が起こらないといけない自由と所有権の革命が起こらにといけない。ジョージ・ワシントン初代大統領のような将軍がエリートの中から将軍が出てこないといけない!そんなジョージ・ワシントン(将軍)を探さなければならない!と、これはトランプが出る前に話したのです。
 アベルの革命とカイン革命を説明します。カイン的革命とは、地からただ市民達が革命を起こした時エリートたちを排除したとしても常に共産主義に向かいます。アベル的革命とは、トップであるエリート達から分離が起こり善と悪がはっきりと分かれて市民たちが善であるアベル側に連結される時、それが自由と所有権に向かっていく革命になるのです。

 

 この驚くべき役事を通して、全言論、全中流銀行家、すべての大財閥たちが数千億、数十兆もヒラリーに投資したのに市民たちが立ち上がって、お父様の聖霊の能力でミクロコズムが責任を持って5%を果たしたので、私達がロシアとヒラリーがやろうとしていた世界大戦を防いだのです。防ぎました世界大戦を。ヒラリーが起こしたがってた世界大戦を防いだというのです!この驚くべき役事を見たというのです!
 
 しかし、トランプになって天使長達を罰し天使長達を審判して市民を審判から守り、これからは天使長達に審判が下され全世界の天使長達を審判する聖霊の革命、アベル圏の革命が全世界が燃え上がるように起こってくる!天使長銀行家たちを追放し、もう一度所有権を取り返しアベル圏に戻し再び天一憲法を立てて、すべての人に伝えながらどの国が天一国を実践するのかを目の前にしています。もしある国が天一国を建てれば全世界も天一国を見ることになるでしょう。その国を通して…今は所有権が天一国側に来ているのでトランプと愛国者達が世界の愛国者達が第3世界大戦を防いで、ミクロコズム、カインとアベル、お父様の後継者、代身者、三大王権が皆さんと一緒になって全ての小さな精誠が大きな力となって、ソ連との第3次戦争を防げたのです。プーチンも今朝トランプに祝福の連絡をし「共に勝利しよう、戦争はしないでおこう」と。凄まじいヒラリー魔女、悪漢サタングループ、悪漢胎児を殺すグループ、悪漢霊達とそのチーム、銀行家達が全世界の市民をコントロールしたかったのに、人間どもをサタンにしたかったのに私達が勝利しました。一般の人はなにもなくても、私たちは霊魂を売らなかったので良心があるし神様を信じるのでこのサタンに勝つことができたのです!驚くべき時です!今はスマホしかなく国進兄さんの事務所で撮っていますが、とんでもない役事でした!この歴史的な瞬間を記憶してこの事と全ての栄光をすべての栄光が真のお父様にお捧げし、王の中の王メシア再臨主へお返しいたします。アージュアージュアージュ
神様王権樹立勝利、億万歳! 万王の王天地人三大王権、億万歳! 天一創建、億万歳!アボジ、ハレルヤ~勝利(喜)

亨進様は選挙の勝敗を決めるのはペンシルバニアであり、こここそが神とサタンの一線であると主張されてきたが、まさしく勝敗を決定したのは他の州とともにペンシルバニアがトランプ支持に決定した報道の時でだった。

預言が成就したのだ。

「自由と責任」というキーワードで様々なものがつながっていることを感じるこの頃だ。

 

自由の鐘には次のように刻印されている。

「地にあまねく住む人々の上に、自由を宣言せよ! レビ記25章10節なれば」

 

:10)その五十年目を聖別して、国中のすべての住民に自由をふれ示さなければならない。この年はあなたがたにはヨベルの年であって、あなたがたは、おのおのその所有の地に帰り、おのおのその家族に帰らなければならない。

レビ記25章

 

 

 

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。