読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

天聖経には、お母様は息子に主管されないといけないとある

九里の売却が決まったそうです。

お母様はお父様ゆかりのものをどんどん売却し葬り去ろうとしています。

ニューヨーカーホテルもそうです。

ご自分の手がけた箱物の記念館建設が天に捧げる実績だとお考えのようです。

話になりません。

 

堕落はどのようになったのですか。エバが先に堕落して、次にアダムを堕落させました。天使長を中心としてエバが一つになって、それからアダムを堕落させたのです。復帰過程において、イギリスは女性国家です。それゆえに、エリザベス女王時代に世界を制覇したのです。また女王時代がみ旨を信奉することができずに、女王によって始まったことが女王によって連結され、女王によって滅びますイギリスは、海の中にある島国です。大陸は男性を身代わりし、島国は女性を身代わりします。いつも島国の人は大陸を思慕するでしょう。女性が男性を思慕することと同じです。
 それゆえに、イギリスは女性国です。その女性国を通してアダム国家が出てくるのです。女性を通してアダムを滅ぼしたのですが、女性の立場のイギリスを通してアダムが復活するのです。それがアメリカです。それゆえに、イギリスは息子の支配を受けなければなりません母は、息子の支配を受けなければならないでしょう。そのような立場で、キリスト教の文明をすべて祝福して結実したのがアメリカです。

環太平洋摂理 第4章 神様の摂理から見た海洋文明 1)人類文明史と発展の推移 ② イスラエル、ローマ、イギリスが失敗した理由

 

イエス様当時もそうでした。

母マリアは息子イエス様の主管を受けなければなりませんでした。

ところが、三度結婚したいと懇願されたのに受け入れませんでした。

それがイエス様を十字架に導きました。

 

亨進様もお母様に「独生女」の話をしてはいけないと懇願されました。

お母様は痛哭され訴えられる息子に従わず、息子の支配を受けませんでした。

そこで、亨進様はイエス様のように風呂敷を背負って出て行くことになったのです。

お母様は第二代王としての命を亨進様から奪いました。

霊的地獄に突き落とされた亨進様は、十字架を超えて勝利のお父様にお会いされて復活されました。沈黙を破られたのです。

 

それでは、イエスが亡くなった原因はどこにあるのでしょうか。母マリヤがイエスのために妻を迎えてあげられなかったからです。それで恨みが残ったのです。それゆえ、イエスがガリラヤ人の婚姻の宴会場で、ぶどう酒が足りないと言ったマリヤに「婦人よ、あなたは、わたしと、なんの係わりがありますか」と批判したのです。愚かなことです。息子の行くべき道を整えずに、何が酒ですか。イエスの事情は追いつめられていたのです。

 

イエス様が、母マリヤの前に立って、三度痛哭しながら訴えたということを知らなければなりません。イエス様が三十歳になるまで、母マリヤは哀訴を聞き入れなかったので、(イエス様は)ふろしきを背負って家を出て、公生涯の路程を出発したのです

祝福家庭と理想天国

 

59 これによりマリヤまで、イエス様が願われる結婚を助けられず、かえって反対してしまったのです。これが、イエス様が新婦を迎えられず、そして真の父母になれず、十字架の道を行かざるを得なかった直接的な原因になったのです。カナの婚姻の宴で、イエス様がマリヤに「婦人よ、あなたは、わたしと、なんの係わりがありますか」(ヨハネ二・四)と言ったのも、最も貴い摂理の要請であるイエス様の新婦を迎える仕事をなおざりにし、遠い親戚の婚姻の宴を手伝おうとするマリヤを責めた心情が表出されたものです。「わたしの母とは、だれのことか。わたしの兄弟とは、だれのことか」(マタイ一二・四八)と言われたみ言も、このような基準から理解しなければなりません。

真の家庭と家庭盟誓

 

王女は女王として権力を振るうのではなく

王后に退いて、息子王に支配されなければならない

さもないと、イギリスのように

 

女王によって始まったことが女王によって連結され、女王によって滅びます

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。