読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

韓鶴子オモニが主体格位に立つと 主体格位の女性と対象格位の女性が倒錯する現象が蔓延する

www.youtube.com

 

What's up? 調子はどう?


25 years of my life and still
I'm trying to get up that great big hill of hope
For a destination
I realized quickly when I knew I should
That the world was made of this brotherhood of man
For whatever that means

 

25年というものずっと わたしの人生は

とてつもなく大きな希望の丘を 登り上げることを

目的地として努力してきたわ

そして現実をすぐに知ったの

知るべきことを知った時にね

世界は男どもの思いのままだってこと

どんな意味においてもよ

 

And so I cry sometimes

When I'm lying in bed
Just to get it all out
What's in my head
And I, I am feeling a little peculiar.

 

だから わたしは時々泣くのよ

ベッドに横たわっている時に

まさに すべてのものを吐き出すために

頭に思い浮かぶもの

でも わたしはちょっと変な感じがするの

 

And so I wake in the morning

And I step outside
And I take a deep breath and I get real high
And I scream from the top of my lungs
What's going on?

 

目覚めた朝に

外に出てみて

大きく息を吸い込んで 気分は最高

肺活量いっぱいにして叫ぶわ

調子はどう?

 

And I say:

Hey yeah yeaaah!
Hey yeah yeah.
I said hey,
What's going on?

 

そして言うの

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ

調子はどう?



And I say:
Hey yeah yeaaah!
Hey yeah yeah.
I said hey,
What's going on?

 

そして言うの

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ

調子はどう?



Uhh, uh, uhuhuh uhuhuh
Uhh, uh, uhuhuh uhuhuh

ウ~


And I try
Oh my god do I try
I try all the time
In this institution

 

やってやるわ

神さま 見ていて やって見せるから

いつだってやるわ

この仕組みの中で

And I pray
Oh my god do I pray
I pray every single day
For a revolution.

 

そして 祈るの

神さま 聞いていて 祈るから

毎日欠かさずにするわ

革命のために

And so I cry sometimes
When I'm lying bed
Just to get it all out
What's in my head
And I, I am feeling a little peculiar

 

だから わたしは時々泣くのよ

ベッドに横たわっている時に

まさに すべてのものを吐き出すために

頭に思い浮かぶもの

でも わたしはちょっと変な感じがするの


And so I wake in the morning
And I step outside
And I take a deep breath and I get real high
And I scream from the top of my lungs
What's going on?

 

目覚めた朝に

外に出てみて

大きく息を吸い込んで 気分は最高

肺活量いっぱいにして叫ぶわ

調子はどう?



And I say:
Hey yeah yeaaah!
Hey yeah yeah.
I said hey,
What's going on?

 

そして言うの

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ

調子はどう?

 

And I say:

Hey yeah yeaaah!
Hey yeah yeah.
I said hey,
What's going on?

 

そして言うの

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ

調子はどう?

 

And I say:
Hey yeah yeaaah!
Hey yeah yeah.
I said hey,
What's going on?

 

そして言うの

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ

調子はどう?


And I say:
Hey yeah yeaaah!
Hey yeah yeah.
I said hey,
What's going on?

 

そして言うの

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ イェー イェーッ

ヘイ

調子はどう?


Uhh, uh, uhuhuh uhuhuh

 

ウ~


25 years of my life and still
I'm trying to get up that great big hill of hope
For a destination

 

25年というものずっと わたしの人生は

とてつもなく大きな希望の丘を 登り上げることを

目的地として努力してきたわ

 

長年の不平不満を爆発させ発散させる音楽

誉進様は女性解放神学のような論文を書かれたようです。

ご自分の悲痛な経験があってのことでしょうか?

善進様は、お母様と同じようにリーダーとして歩まれます。

ご主人は『副』という肩書を与えられて女房役で影のように生きておられます。

ご子女様ということであっても、ご主人がリーダーとして活躍されているのを

補佐しておられる姿を、個人的には見てみたかったように思います。

お母様、誉進様、善進様。

みんな偶然でしょうか?「主体格位」でご活躍です。

孝進様の奥様のヨナ様も同様ですね。

わたしが違和感を持つのは、そうした女性の社会進出を認めるとしても

一人の男性の子女様も重要なポジションのリーダーとして立っていないことです。

権進様はどうなさっているのでしょうか?

 

女性の主体性を異常なほど立てていくお母様の思想は

男性の子女様の活躍の場を剥ぎ取り、

彼らの主体性が発揮できる機会を封じ込めてしまいます。

世の中には「偉人の母」という言葉があります。

父親は呑んだくれやボンクラでも

母親が苦労して精誠を捧げて育てた子どもが立派な偉人として育つという美談です。

偉人の父もいるのでしょうが、あまり聞きません。

お母様は現在のところ、男性の子女様を立てて高めるどころか・・・

復帰摂理では母子協助が重要でしたが、

母子協助とは聖霊の役事ではなかったことでしょうか?

お母様の内に秘められわれわれを魅了していた

永遠の母性は、いったいどこに行ってしまっとのでしょうか?

 

永遠の母性よ!

I said hey,
What's going on?

 

お父様聖和時をターニング・ポイントとして

お母様は聖霊の実体としての対象格位を放棄され、お父様の主体格位を奪いました。

ご自身が天宙の愛の基であることを天使長のごとく願われました。

主体各位として登場されたお母様の変貌ぶりには、善進様も驚かれたほどでした。

そこには、もはや聖霊の癒やしをもたらす対象格位の

永遠の母性は見受けられなくなりました。

 

真の母が絶対的主体格位 として現れると、女性性相は影を潜めてしまいます。

かわりに、男性性相が顕著に現れてきます。

お母様は男性的に変貌されました。

 

天国の雛形である家庭的四位基台に二つの主体が現れたことは、善悪の闘争をせざるを得なくなりました。

授受法というより、弁証法的な様相になってきてしまいました。

本来は、二つの王権など存在してはなりませんでしたが、

お母様のお父様に対する反乱で現在は分裂闘争の中に

統一家は置かれるようになりました。

お父様の王権を亨進様が代表され

女王になったお母様の王権と

正統性をめぐって闘争せざるを得なくなってしまいました。

 

 シャボン玉さんの情報では、金孝南が杖と王冠を容易することを提案し実行に移したようです。「 」の中は引用です。

原理本体論から見た『神は二性性相の中和的主体であり男性格主体』 - シャボン玉のブログ

 

「お父様が天正宮にいらっしゃらない不在の時を狙って、
金孝南氏がお母様と神様の結婚式を決行したというのも、
おかしな話ですよね。」

 

これはお父様とお母様の離婚式ですね。

実体の神様抜きで、直接お母様は神様と結婚しようとされました。

 

「 家庭連合の基元節のときに、お母様に王冠マントを被せ、
また権威の象徴となるを手にするように勧めたのは金孝南氏だそうです。」

 

これはお父様のメシア性の剥奪ですね。

だから杖も王冠もお父様には用意されていなかったのですね。

 

「お父様の聖和後に当時、李相烈教区長が、天の血統、お父様の血統である亨進様を立てていくことを金孝南氏に訴えましたが、金孝南氏は、『私の首にナイフを当てられても絶対にしない』と、自分がその権威を持ち続けようとし、天の血統(種)を受け継ぐ男の子女様を立てようとしなかったそうです。」

 

これは三大王権の破壊ですね。

天使長によってお母様は堕落してしまいました。

 

 

堕落世界ではレズビアンが既に横行しています。

主体格位になった女性が男役を演じ、対象格位の女性はそのまま

男性的な女性の前に女性として振る舞い結ばれていくわけです。

 

お母様が家庭的四位基台を破壊されたので、そこにサタンが入り

人倫道徳はその影響を受けて影響力を失っていくことになります。

同性愛者は異常な状態ではなく、堕落人間が選択し得る愛の形態の一つだというように

分類され、天国の雛形である家庭はどんどん崩壊していくでしょう。

 

お母様の反乱を食い止めなければなりません。

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。