読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

本物の男たちは、家庭連合の何処に?

www.youtube.com

 

少年のころ、本物の男たちに憧れた。

もっとも、堕落世界の中での事だったが・・・

人生はワインが注がれたグラスに、さらにコインを一枚一枚入れるようなものだ。

富を求めすぎると、命のワインは溢れだす。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

愛する人を生かし、祖国を愛する道はただ一つ

彼女を手放し、ナチスと戦うラズロに渡し、

共に勝利の復活をする道だ。

恋愛沙汰の後始末をきちんとできたなら

男同士の友情がそこには待っている。

イングリッド・バーグマンは本当にいい演技だ。

 

 

www.youtube.com

 

少年のころ尊敬できる本物の男を求めていた。

シェーンは言った。

「一度烙印を押されたら、もう戻ることができないんだ」

そのセリフが少年の胸に滲みた。

流れ者には堅気の道は明るすぎ、居場所が見つからない。

ほっと一息つく後で、追い立てるものがある。

拳銃を持つ者は、自分が去ることで、もう誰もいなくなる。

母さんに、もう安心だと伝えるんだ。

そして、親孝行するんだ。

ジョーイ。

 


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。