読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原理講論を読む

日常生活の中で 考える糸口を求めて

韓鶴子は聖酒・聖塩・聖燭・聖土の呪いを携え  世界を破壊する黙示録の四騎士をもたらすのだ!

 

www.youtube.com

 

「天地人真の父母様御聖婚56周年記念式」を挙行 | 世界平和統一家庭連合(旧:統一教会)公式サイト より

天暦3月16日(陽暦4月22日)夕方、韓国・清平の天正宮博物館の中庭で「天地人真の父母様御聖婚56周年記念式」が盛大に挙行され、韓国内外から約800人が参席しました。

日本からは宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長ご夫妻と徳野英治会長ご夫妻をはじめ、先輩家庭、元宣教師など約260人が参加。歴史的な式典を祝賀するとともに、韓鶴子総裁の愛と犠牲の上にもたらされた「聖物」を授かりながら、祝福家庭としてもう一度悔い改め、生まれ変わってVISION2020の勝利に向けて再出発する貴い時間となりました。

 

韓国の元老食口の証し、祝詩の朗読、祝歌に続いて、韓鶴子総裁が天一国聖物」(聖酒、聖燭、聖塩、聖土)を世界の大陸会長に下賜されました。

 

お父様が御旨を全て成したのではなく、あたかもまだやり残したものがあったという誤解を生み、お父様の指示なく実行される究極のサタンの行為です。

「わたしはお父様とは違う。お父様は情が深すぎた。わたしはもっとよくやる!」

 

彼女は決して、「お父様の栄光によってするのです」

とは言わない。

全て自分の名によってする。

 

「聖酒」

聖和時は誰もお父様のことで胸がいっぱいで事態の進行を知らなかった。

だからそれを考慮され許されてきた。

だが、今回は違う。

これを飲めば、お父様との因縁は全て断ち切れてしまう。

悪魔の黒ミサの儀式の完全無欠版となる。

神の血統から悪魔の血統に転換することを納得して契約した血の証となる。

お母様の「血」、お母さまの「血統」によって生まれたものとなる。

父よ、父よと、霊界でお父様に言っても、おまえのことを知らない、全く知らないと

言われるだろう。

 

「聖塩」

お父様の権能によって神の所有となったものが、またなるべき全てのものが、

サタンの所有に逆転していくことになる。

お父様の許可のない聖塩。

 

「聖燭」

灯火は信仰の灯火。

それはかっては主を花婿とし、信徒が花嫁として、保ち続けてきたもの。

だが、これからは主である韓鶴子を花嫁とし、同様に信徒も花嫁として

侍りゆく、霊的同性愛の信仰にサインすることになる。

 

「聖土」

だいたい聖塩で聖別した土地と

この「聖土」とはどこがどう違うのでしょうか?

こんなものを聖地にまかれでもしたら

どうなるでしょうか?

聖地の土と「聖土」の違いは?

 

三大祝福の破壊であり、

お父様の完全抹殺です。

 

最近また家庭連合の何者かと思われる者によって、サンクチュアリの名簿がたくさん流出したとのことだ。

それにもとづいてブラックリストを作成し各教会に警告するのだろうか?

もしそれが本当でも、いよいよ時が来たのだと覚悟を決めるべきだ。

サタンがどんなものだと、攻勢をかけてきたときには、かえってそれを逆手に取って

度肝を抜かす逆襲をすればよい。

ビクビクしてたらサタンの思う壺だ。

多くの兄弟に、お母様の間違いとお父様の御心が亨進様という後継者とともにあることを

証すべきだ。

悪魔の聖酒は究極の踏み絵として現れたのだ。

 

荒れ狂う紅海の絶壁に立って、エジプトを振り返るべきではない。

モーセが杖を使おうが使うまいが、我々はその前に進み行くべきだ。

我々の信仰で、目前の畳一畳分の水は二つに分かれていくことだろう。

 

この家庭連合の暴挙によって、審判は加速する。

経済も行き詰まり、戦争とテロの話を耳にし、疫病はますます蔓延する

 

http://indeep.jp/revelation-s-four-horsemen-appeared-in-malaysia-and-egypt/

から以下の図を引用する。

 

f:id:divineprinciple:20160530190106p:plain

 

CERNもどうなることやら。

 

つまりこの悪魔の血の儀式が終わったら、

ノアの時代に、すべて投げかけられた救いの声に従わず、箱舟に乗船しなかったことが

現在もそのまま同じように決定することになるだろう。

いよいよ、箱舟のゲートが閉まることを意味するのだ。

 

隠れていた兄弟が如何なる信仰を見せるかで、

世界の審判の規模はより低く抑えられるだろう。

 

神山兄弟よ!

遂に最後の父に対する忠誠を証す時が来た。

天の父にお会いできるか、否かは

「私は天の御前に悔い改めます。

本当はお父様は亨進様後継者だと任命しました。

皆さん亨進様のもとに行ってください。」

そのように言って一世一代の仕事を為されんことを!

そしてお父様に、

「神山、よく言った」

と迎えられますことを!

大先輩の矜持を見せてください。

アージュ

  

:1)小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。 
:2)そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。 
:3)小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。 
:4)すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた。 
:5)また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。 
:6)すると、わたしは四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」。 
:7)小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、わたしは聞いた。 
:8)そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。 
:9)小羊が第五の封印を解いた時、神の言のゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。 
:10)彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。 
:11)すると、彼らのひとりびとりに白い衣が与えられ、それから、「彼らと同じく殺されようとする僕仲間や兄弟たちの数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」と言い渡された。 
:12)小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、 :13)天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。 
:14)天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。 
:15)地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。 
:16)そして、山と岩とにむかって言った、「さあ、われわれをおおって、御座にいますかたの御顔と小羊の怒りとから、かくまってくれ。 
:17)御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。だれが、その前に立つことができようか」
黙示録6章

  


にほんブログ村

 応援して下さる方は上のロゴをクリックして下さい。